/* */

【京都散策】蹴上 Insta360 EVO×2台撮影 [VR180+α, 3D, 5.7k, 3D audio]

2019年10月8日

京都地下鉄蹴上駅直ぐにある「ねじりまんぽ」付近を歩きました。

180度3D動画が撮影できるカメラであるInsta360 EVO 2台を使って、疑似的に360度3D動画が撮れるかどうかのテスト動画でもあります。

[3D 5.7k] Kyoto Keage [VR180+alpha, 3D audio]

2880pxで使用できるならYouTubeの方が高画質で視聴できます。

VRゴーグルで視聴されると立体に見えますので、是非VRゴーグルで視聴ください。

音声も頭の動きに追従します。

YouTube

VeeR

撮影機材など

撮影機材
カメラ:Insta360 EVO 5.7k(30fps)× 2台
ジンバル:ZHIYUN crane m2
マイク:ZOOM H3-VR
BGM 「Oboro」 https://peritune.com/
使用ソフト ・Insta360 Studio 2019
・Premiere Pro
・After Effects

Google Map

動画を撮影した場所

京都地下鉄蹴上駅を降りてからすぐの「ねじりまんぽ」を通り、南禅寺に向かっています。

雑感

2019年9月に撮影しました。

トンネルを抜けると、聞こえる音が変わります。ツクツクボウシの声が夏の終わりを告げているように思いました。

さて、今回は映像はInsta360 EVOを前後の2台で撮影し、音声はZOOM H3-VRで、という初めての構成で撮影しました。

180度3Dカメラ2台で360度3D動画の撮影は、「いろいろと難しい」という感触です。撮影中にもカメラ毎で露出条件が随時変わっていくため、2台で明るさが合わない、等々、かなり手間暇のわりに満足できる仕上がりになりません。

また今回の映像では、背後の部分は黒く塗りつぶしています。本来はここは綺麗に3Dに見えているのですが、ドデカくおじさんが映っていますので消しました。結果、約220度3D動画っぽい物になっています。

カメラ2台のつなぎ目のステッチは断念しました。動画でステッチはちょっと難易度が高過ぎました。

詳細は別途記事にてまとめます。

結果としては、いろいろ難しくはありますが、個人的には情報量が増えて面白いので、しばらくこの構成を使ってみようかと思っています。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->