/* */

【初心者向け】VRに使えるノートPCの選び方(2020年6月版)

2020年7月4日PC,Windows10

ノートPC単体でPC用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)が使えたら良いと思い、色々検討したので、VR初心者の方に参考になるように、まとめました。

VRをノートPCで始めるには

必要なもの

パソコンでVR体験を始めるためには、下記の二つが必要です。

  1. PC用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)
  2. パソコン本体

予算

全て新品で購入したとした場合を考えます。

予算はおよそ下記の通りです。場所が許して、パソコンをいじるのが苦にならないのならば、デスクトップPCの方が安く上がりますし、足りない部分だけ交換をすることで長く使えるでしょう。

項目ノートPCデスクトップPC
パソコン本体約15万円~約12万円~
HMD約5万円~約5万円~
合計約20万円~約17万円~

今回は、ノートPCに焦点を置きますが、パソコンを選ぶ基準は同じです。

お勧めHMD

Oculus Quest

現在発売されているHMDで唯一、HMD単体でも使えて、且つ、PC用HMDとしてでも使えるモデルです。

初めてHMDを購入するのならばOculus Questをレンタルで試すのも手ではないでしょうか。この画質で満足できるのならば、次はOculus QuestとノートPCを買えばいいのです。

また、Oculus Quest付属のUSB2.0のケーブルでPCに繋げば、PC版HMDとして使える点も魅力です。配線がごちゃごちゃしません。

created by Rinker
¥63,963 (2020/07/05 15:48:11時点 Amazon調べ-詳細)

Oculus Rift S

Oculus Questで画質が物足りないのであれば、Oculus Rift Sが候補に挙がるでしょう。

PC用HMDの多くは、DCアダプタを繋ぐ必要がありますが、Oculus Rift SはDCアダプタは不要です。ノートPCで使うには最も適したモデルです。

【例】PC用HMD、Vive CosmosのDCアダプタ。そこそこ邪魔です。

created by Rinker
Oculus
¥69,900 (2020/07/05 03:11:46時点 Amazon調べ-詳細)

ノートPCのスペックは何を見ればいい?

新品のノートPCを購入することを前提として、スペックのどこに注目すればいいのかをまとめます。

GPU

PC用HMDを動かす場合、NVIDIA社のGeforceシリーズか、AMD社のRadeonシリーズのGPUが必要になります。

ノートPCという点を考えると、同じ性能でより低電力であるGeforce系一択です。

PC用HMDの推奨スペックを見ると、GeforceシリーズのGTX 1060以上を選べば、余程重たいアプリ出ない限り動作します。

現行のGeforceシリーズでは、GTX 1660以上を選びましょう。

具体的には、GTX1660, GTX1070, GTX1080, RTX2060, RTX2070, RTX2080のいずれかが載っているノートPCを選ぶことになります。

CPU

ノートPCでGeforce GTX1060以上を積んでいるモデルは、CPUもCore i5以上となっています。PC用HMDを動かす点に関しては、CPUは注目しなくても良いでしょう。

メモリー

メモリーは8GB以上であれば問題ありません。GPUがGTX1660以上のものでメモリーが8GBより少ない物はまずないので、メモリーも気にしなくて良いでしょう。自分で増設する自身が無い方は16GBあれば重いアプリでも動作が安定します。

ポート類

DisplayPort

2019年以降のPC用HMDは、DisplayPort接続が標準になりました。

Oculus Questという例外を除けば、PC用HMDはDisplayPortが無いと動きません

本体にDisplayPortが付いている必要があります。USB Type-CがDisplayPortを兼ねるモデルでは、PC用HMDが動きません。

詳しくは下記の記事にまとめています。

USB

最低限1ポートが空いていれば良いので、USBの数は気にしなくても良いでしょう。

Thunderbolt3

PC用HMDを動かすだけならば、無くても良いです。

ただ、「思ったよりもVRにはまった!」「次のモデルが出たけど、PCのスペックが足りない!」といった時に、Thunderbolt3のポートがあれば、GPUボックスを追加し、ノートPCを強化することが出来ます。

Thunderbolt3に対応したノートPCは、後々延命を計ることが出来ます

見るべきスペックまとめ

前述の見るべきスペックをまとめます。

項目見るべきスペック
GPUGefoce GTX1660以上
CPU気にする必要なし
メモリー気にする必要なし(8GB以上)
ポート類DisplayPort必須(USB Type-C共用はダメ)
(Thunderbolt3があれば尚良し)

比較サイトで調べるのならば、GPUがGTX1660以上で、DisplayPortを持ったものを選べば良いでしょう。

なお、MicrosoftのSurface Book 3のように高スペックのGPUを積みつつも、DisplayPortが無いのでPC用HMDが使えないPCもありますので、ご注意を。

上記のSurface Book 3では、スペック的にはOKでも、ポートが無いのでOculus Questくらいしか動かせません。

目的に合ったノートPCを選ぶ

下記からは最低ラインのスペックは備えているノートPCを紹介していきます。

コスパ重視

とにかく出費を抑えたいという場合、GPUがGTX1660以上であるかどうかが判断基準となるでしょう。

Thunderbolt3に対応していないモデルが比較的安価です。

FRONTIER GNシリーズ

Geforce GTX1660Tiを積んだノートPCで、標準で税込み15万円以下の唯一のモデルです。

唯一気になる点は、Thunderbolt3に対応していないので、映像の性能不足を感じた地点で買い換えることになるのではないでしょうか。

created by Rinker
FRONTIER
¥149,800 (2020/07/05 17:35:40時点 楽天市場調べ-詳細)

★★★直販サイトでのカスタマイズがおすすめ★★★

項目参考スペック※
CPUCore i7 9750H
GPUGTX 1660 Ti
メモリー8GB
Thunderbolt3なし
※モデルによって変わります。

Lenovo Y7000シリーズ

現在(2020/6/17)実施されている直販サイトのセールにより、税込み15万円をギリギリ切ったモデル。

Thunderbolt3には対応していません。

標準ではGPUがGTX1650です。購入時にはGTX1660TiかRTX2060を確認しましょう。

項目参考スペック※
CPUCore i7 9750H
GPUGTX 1660 Ti
メモリー16GB
Thunderbolt3なし
※モデルによって変わります。

延命も視野に入れたモデル(Thunderbolt3搭載)

Thunderbolt3に対応したモデルを選ぶと15万円を超えてきます。Thunderbolt3があると、いざとなったらGPUボックスが使えますので、ノートPC自身を長く使えるメリットがあります。

DELL G3 3500モデル

DELLの直販サイトでは頻繁にセールをやっています。現在(2020/6/17)実施されているセールを適応すると、税込みで15万円とちょっとで購入できます。

3500モデルは、最新の第10世代Core i7を搭載しています。

DELL G3は標準のGPUがGTX1650です。購入時には、GPUがGTX1660Tiであることを確認しましょう。

created by Rinker
Dell
¥237,681 (2020/07/05 00:50:01時点 Amazon調べ-詳細)
★★★直販サイトでのカスタマイズがおすすめ★★★

項目参考スペック※
CPUCore i7 10750H
GPUGTX 1660 Ti
メモリー16GB
Thunderbolt3あり
※モデルによって変わります。

HP OMEN 15シリーズ

ベースモデルで、GTX1660Tiを積んでいます。CPUが第9世代Coreシリーズなのでモデル末期と言えるでしょう。

現在(2020/6/17)、直販サイトで実施されているセールを適応すると、Thunderbolt3搭載PCなのに、15万円を切ってきます。

項目参考スペック※
CPUCore i5 9300H
GPUGTX 1660 Ti
メモリー16GB
Thunderbolt3あり
※モデルによって変わります。

まとめ

VR体験が出来るPCを購入する場合、以下の2点に注目して選びましょう。

VR用ノートPCの選び方

  • GPUがGeforceシリーズ GTX1660以上(GTX1070, GTX1080, RTX2060, RTX2070, RTX2080)
  • DisplayPortがある(USB Type-C共用はダメ)

個人的には、Pimax 8k PlusというHMDが動くGPUであるRTX2060を積んだDELL G5 5500を発注しました。

created by Rinker
Dell
¥159,000 (2020/07/05 00:50:02時点 Amazon調べ-詳細)
★★★直販サイトでのカスタマイズがおすすめ★★★

直販サイトは早ければ週替わりでセールをやっています。買いたい時が買い時なのかもしれませんが、ちょっと様子を見てみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->