/* */

【初心者向け】VRに使えるデスクトップPCの選び方(2020年9月版)

2020年10月21日PC

PC用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)にもなるOculus Quest 2が発売されます。これを機にVRを楽しめるPCを始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。

出来るだけコストをかけずにパソコンでVRを楽しむためには、どういうパソコンを選べば良いのかをまとめます。

なお、ノートPCを選ぶ基準は、下記にまとめていますので、ご参考までに。

VRをノートPCで始めるには

必要なもの

デスクトップPCでVR体験を始めるためには、下記の4つが必要です。

  1. PC用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)(コントローラ含む)
  2. パソコン本体
  3. ディスプレイ(何でも良い)
  4. キーボード・マウス

パソコンでVRを楽しむ分には、ディスプレイはどんなものを使っても構いません。何故なら、VRで楽しんでいる間は、HMDを身に着けているので、ディスプレイ見ないのです。FHD(解像度1920×1080)1万円くらいのもので十分です。

高い物では無いけれど、無いと困るのが、キーボードとマウスです。デスクトップPCにはキーボードもマウスも付いていないモデルがあります。最低限、キーボードとマウスがあるかどうかの確認が必要です。

予算

全て新品で購入したとした場合を考えます。

予算はおよそ下記の通りです。場所が許して、パソコンをいじるのが苦にならないのならば、デスクトップPCの方が安く上がりますし、足りない部分だけ交換をすることで長く使えるでしょう。

項目ノートPCデスクトップPC
パソコン本体約12万円~約9万円~
ディスプレイ不要約1万円~
HMD約4万円~約4万円~
合計約16万円~約14万円~

2020年9月に続々と新しい製品が発表されたため、PCもHMD(ヘッドマウントディスプレイ)も、相場が下がっています。8月に比べると合計で4万円程度相場が下がっています

今回は、ノートPCに焦点を置きますが、パソコンを選ぶ基準は同じです。

お勧めHMD

VRを体験するには、VRゴーグルとも呼ばれるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が必要になります。最初の1台として、お勧めできる機種を紹介します。

Oculus Quest

現在発売されているHMDで唯一、HMD単体でも使えて、且つ、PC用HMDとしてでも使えるモデルです。後継機のOculus Quest 2が発表されるタイミングで、生産停止になりました。

初めてHMDを体験するのならばOculus Questをレンタルで試すのも手ではないでしょうか。この画質で満足できるのならば、次はOculus QuestとノートPCを買えばいいのです。

また、Oculus Quest付属のUSB2.0のケーブルでPCに繋げば、PC版HMDとして使える点も魅力です。配線がごちゃごちゃしません。

Oculus Quest 2

上記のOculus Questの後継機です。大幅にパワーアップしています。発売は2020年10月13日。予約も始まっています。

PCとUSBで接続してPC用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)として使用出来る「Oculus Link」機能も搭載されています。

性能は下記の記事にまとめつつありますので、ご参考までに。

Oculus Rift S

2021年に生産停止になると発表されました。今から初めてHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を購入するのならば、Oculus Quest 2です。

Oculus Questで画質が物足りないのであれば、Oculus Rift Sが候補に挙がります。

PC用HMDの多くは、下の写真のようなDCアダプタを繋ぐ必要があります。その点、Oculus Rift SはDCアダプタは不要です。Oculus Rift Sの電力はPCのUSBから供給されるのでスマートです。

【例】PC用HMD、Vive CosmosのDCアダプタ。そこそこ邪魔です。

Oculus Rift SはノートPCで使うには最も適したモデルです。

created by Rinker
Oculus
¥50,722 (2020/10/31 14:43:42時点 Amazon調べ-詳細)

デスクトップPCのスペックは何を見ればいい?

新品のノートPCを購入することを前提として、スペックのどこに注目すればいいのかをまとめます。

GPU

GPUとは、パソコンの中の絵を描く担当をしている部品です。このGPUの性能が高いほど綺麗な絵を描けます。

VR用のパソコンを選ぶ際には、ここが一番大事且つ、ここだけ見ていれば良いとも言えます。

PC用HMDを動かす場合、NVIDIA社のGeforceシリーズか、AMD社のRadeonシリーズのGPUが必要になります。

PC用HMDの推奨スペックを見ると、GeforceシリーズのGTX 1060以上を選べば良いという風に書いてあります。

なお、GTX 1060は一つ前の世代です。現行のGeforceシリーズでは、GTX 1660以上を選びましょう。

具体的には、GTX1660, GTX1070, GTX1080, RTX2060, RTX2070, RTX2080のいずれかが載っているノートPCを選ぶことになります。

GTX1650搭載PCをお借りして評価しました。

結論としては、GTX1650でもOculusシリーズならばそこそこ楽しめます。お試しならばこれでも動きます。

が、リッチな映像のアプリでは、性能不足で引っ掛かりを感じるときがあります。VRでは、描画が遅れると「VR」酔いが起こりやすくなります。

新規にPCを購入されるのでしたら、GTX 1660以上のGPUの載ったPCをお勧めします。

2020年9月にRTX3000シリーズが発売になりました。従来のGPUの2倍の性能で、従来品と同じ価格帯のGPUです。まだ出始めで、ハイエンドの商品しか出ていませんし、RTX 3060と言った低価格帯の商品が出たとして、値段がこなれるには時間がかかります。

高スペックなPCが欲しいのならば、RTX3000シリーズが出そろうまで待った方が良いでしょう。

コストパフォーマンスを求めるのであれば、RTX3000の発表で値段が下がってきている現行機種でも十分楽しめます。

CPU

CPUとは、パソコンの中のリーダーに相当する部品です。なんでもできる万能部品で、他の部品に指示を出しながら、自分も複雑な計算をこなします。

ノートPCでGeforce GTX1060以上を積んでいるモデルは、CPUも十分な性能を持っています。PC用HMDを動かす点に関しては、CPUは注目しなくても良いです。

メモリー

メモリーは8GB以上であれば問題ありません。GPUがGTX1660以上のものでメモリーが8GBより少ない物はまずないので、メモリーも気にしなくて良いでしょう。自分で増設する自信が無い方は16GBあれば重いアプリでも動作が安定します。

ポート類

DisplayPort

2019年以降のPC用HMDは、DisplayPort接続が標準です。

ゲーミングPCと銘打っているデスクトップPCならば、一般的には気にする必要はありません。

通常使うディスプレイ用に1つ、HMD用に1つの計2つが付いていることを確認しましょう。

USB

最低限1ポートが空いていれば良いので、USBの数は気にしなくても良いでしょう。

見るべきスペックまとめ

前述の見るべきスペックをまとめます。

項目見るべきスペック
GPUGefoce GTX1660以上
CPU気にする必要なし
メモリー気にする必要なし(8GB以上)
ポート類DisplayPortが2つ以上

比較サイトで調べるのならば、GPUがGTX1660以上のグラフィックボードが載っているタイプを選べば問題ありません。

目的に合ったディスクトップPCを選ぶ

下記からは最低ラインのスペックは備えているデスクトップPCを紹介していきます。

VRに使えるデスクトップPCは、オフィスPCと比べると、グラフィックボードを載せる関係で大きくなっています。

コスパ重視

とにかく出費を抑えたいという場合、GPUがGTX1660以上であるかどうかが判断基準となります。

汎用の部品で構成できるPCとなり価格が抑えられる反面、大きめに設計されています。デスクトップPCと言いつつ、少々大きいサイズ感です。

Lightnig AJ5

ドスパラのゲーミングPCです。GTX1660を積んで、9万円切りです。

ケースの作りもよく考えられており、将来スペックも上げ易い作りになっています。

created by Rinker
ドスパラ
¥87,978 2020/10/20
項目参考スペック※
CPUAMD Ryzen 5 3600
GPUGTX 1660
メモリー8GB
キーボード・マウスあり
サイズ(幅x奥行x高さ)190 x 420 x 360 mm
電源550W
拡張性
※モデルによって変わります。

G-GEAR GA3A-B200/T2

GTX 1660Tiを積んだモデルです。CPUのAMDのRyzen 3 3100は4コア8スレッド、Max3.9Ghzと、第8世代Core i7程度の性能を発揮します。

グラフィックボードは長さ30cmまでに対応。将来的な拡張性も見込めます。

created by Rinker
パソコンのTSUKUMO
¥95,800 2020/10/20
項目参考スペック※
CPUAMD Ryzen 3 3100
GPUGTX 1660 Ti
メモリー8GB
キーボード・マウス別売り
サイズ(幅x奥行x高さ)190 x 475 x 435 mm
電源550W
拡張性
※モデルによって変わります。

省スペース

ある程度の拡張性を持ちつつ、机に置いても邪魔になりにくいモデルです。専用設計となるため、コスト・拡張性が犠牲となります。

G-GEAR mini

コンパクトなサイズ感にも関わらず、35cmのグラフィックボードを載せれるスペースを確保したモデルです。
GTX 1660モデルで11万円弱、RTX 2060モデルで12万円弱。1万円の差でしたら、よりリアルな映像が楽しめるレイトレーシング機能があるRTX 2060モデルをお勧めします。

created by Rinker
パソコンのTSUKUMO
¥109,780 2020/10/20
項目参考スペック※
CPUIntel Core i5-9400F
GPUGTX 1660
メモリー8GB
キーボード・マウス別売り
サイズ(幅x奥行x高さ)183 x 390 x 300 mm
電源500W
拡張性
※モデルによって変わります。

DELL G5 ゲーミングデスクトップ

直販サイトでは頻繁にセールを実施しているDELLの省スペースデスクトップPCです。現在(2020年10月20日)直販サイトではセールで10万円を切っています

created by Rinker
Dell
¥164,800 (2020/10/31 19:25:26時点 Amazon調べ-詳細)
項目参考スペック※
CPUIntel Core i7-10700F
GPUGTX 1660 Ti
メモリー8GB
キーボード・マウスあり
サイズ(幅x奥行x高さ)169 x 367 x 308 mm
電源500W
拡張性
※モデルによって変わります。

Lenovo IdeaCentre T540 Gaming

オフィスPC並みにコンパクトなPCですので、机の上に置いても違和感がありません。

反面、コンパクトなため、電源の容量も小さく拡張性はあまりありません。

現在(2020/10/20時点)で、直販サイトではセールを含んで11万円強。コストパフォーマンスは高いです。

項目参考スペック※
CPUIntel Core i7-9700
GPUGTX 1660 SUPER
メモリー16GB
キーボード・マウスあり
サイズ(幅x奥行x高さ)145 x 303 x 366 mm
電源310W
拡張性×
※モデルによって変わります。

デモ機をお借りしてレビューを書きました。ご参考までに。

まとめ

VR体験が出来るPCを新規に購入する場合、以下の1点のみに注目すれば問題ありません。

VR用ノートPCの選び方

  • GPUがGeforceシリーズ GTX1660以上(GTX1070, GTX1080, RTX2060, RTX2070, RTX2080)
    ※中古PC・リフレッシュPCは除く

現在(2020/10/20)の価格帯としては税込み9万円強からと言ったイメージです。

これに、1万円前後のディスプレイと、キーボード・マウス、肝心のHMDを買えば、VRを楽しめます。

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥1,864 (2020/10/31 19:25:28時点 Amazon調べ-詳細)

ノートPCと比べ、そろえるものは多くなりますが、好みでカスタマイズできるのもデスクトップPCの魅力です。

また、直販サイトは早ければ週替わりでセールをやっています。大きい時には20%引きなんてことも。買いたい時が買い時なのかもしれませんが、ちょっと様子を見てみるのも良いかもしれません。

(番外)Lenovo Legion T550i

現行CPUである第10世代Coreシリーズ搭載。加減カツカツながらもVRも楽しめるGTX 1650 SUPER搭載PCが9万円弱で購入できます。

項目内容
CPUCore i5-10400 , Core i7-10700,
Memory8GB , 16GB
GPUGTX 1650 SUPER, GTX 1660 SUPER, RTX2060, RTX 2070 SUPER

スポンサーリンク

<- 記事下 ->