【着物】京藍友禅のスマホバッグを買いました。

2019年8月21日

スマホ用バッグを買いました。京藍友禅という手法だそうです。
帯から下げれたらオシャレじゃないですか。P1070266.JPG
目次「京藍友禅のスマホバッグを買いました。」
1.京藍友禅とは
2.何処で販売しているのか
3.使ってみて

スポンサーリンク

1.京藍友禅とは

世界でただお一人”橋詰 清貫(はしづめせいかん)先生”が、独自に、藍染と京友禅の技術を融合させて作られた技法です。
私はたまたま訪れた東寺にて、展示されている作品を出会いましたが圧巻でした。
出来るならば、実物を見て欲しいですが、下記のサイトに作品が載っています。

2.何処で販売しているのか

東寺や三十三間堂等で、期間を区切って販売されているようです。
今は、東寺の食堂(じきどう)で作品の展示・販売をされています。
会期:2019年2月17日(日)〜4月21日(日)
お寺での販売ですが、カード決済も可能でした。
お一人で作られている、且つ、お一人しか作ることのできない物ですので、決して安い物ではないです。
藍染のマスクなんかも売っていました。千円くらいだったかな。
藍染は殺菌作用があるので、風邪予防・花粉症対策にもなるそうです。風邪予防はともかく、花粉症にも? 本当に?

3.使ってみて

P1070267.JPG
Vuze XRも入ります。
藍の香りが漂います。
座布団のように綿が入っており、スマホは十分守ってくれます。
着いている革のバンドを着物の角帯に通してみたところ、流石に短くて不格好になってしまいました。
何かしらバンドに根付をつけて、帯から下げた方が良さそうです。
羽織の陰からチラリと見える感じに下げれたら格好良いのではないかと妄想しています。
しかし、スマホ入れを探していたところに、たまたま出会ったこの藍友禅。
他にも良い物がいっぱいあったのに何故これを選んだのか・・・
カッコいいんですが、他にも選択肢があったのではなかろうかと思います。
期間中にもう一回くらい行って、ストールでも手に入れたいところです。
ストールも本当に綺麗でした。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->