/* */

【着物】雨の日の足回り シューズ防水カバーで草履を濡らさない

以前クラウドファンディングで入手していたシューズ防水カバーを着物を着て使用したので、使用感を記載いたします。

シューズ防水カバー

クラウドファンディング「MAKUAKE」で支援募集されていたシューズ防水カバーにクリアー色が追加されていたので購入しました。

現在はクラウドファンディングは終了していますが、楽天にショップが出ているようです。

シリコーンラテックス素材でできているので丈夫で長持ちするはず、と思っての購入です。

内容物確認

商品は樹脂製の袋に入っています。使用方法が書かれた名刺大のカードも入っていました。

この袋自身にもチャック機構が付いています。雨の日に使い終わった後、袋に入れてチャックをしておけば、鞄の中の物を汚さずに片付けることが出来ます。

本体は、いたって簡単な作りになっています。左右対称なデザインですので、左右どちらを履いても同じです。靴底には滑り止めのギザギザの構造が付いています。

実際に履いてみた

草履+黒足袋の上にこのカバーを身に着けてみました。

このカバーは思った以上に「靴の形」ですので、草履に対してつま先部分の形が合っていません。

とは言え、「草履を履いている」のは一目瞭然です。

客観的に見ると、「和服の雨対策って、そんなものもあるんだね」といった感じなのではないでしょうか。

実際に小雨の中、街中を歩いてみました。濡れたタイルや、マンホールの上でも滑ることなく歩くことが出来ました。感覚的に、雨上がりに草履を履いた時よりも滑らなかったように思います。

当然、草履はもちろん、足袋も濡れません。

お手入れ

使い終わったら、草履の底の形で汚れていました。クリアーなので、汚れは目立ちます。

とは言えシリコーン製なので、水で丸洗いでOK。

陰干しすれば良いとのことですが、雑巾で拭いてあげるとすぐに乾きます。

水洗いした後は、こんな感じになりました。当然のように汚れは残っていますが、手間を考えると、水洗いでこの程度に回復するならいいのではないでしょうか。

まとめ

シリコーンラテックス素材のシューズ防水カバーを草履で使用してみました。

草履でシューズ防水カバー

×シューズカバーなので、形状的にはジャストフィットとはいかない
◎カバーをかけても草履の存在感はしっかりとある
◎小雨程度なら、草履も足袋も濡れない
◎お手入れは手間いらず

どうしても形状が合わない面もあるので、気にしだすと気になりますが、使用感は二重丸です。

濡れない、滑らない。雨の日の草履の欠点を解消してくれました。

もっとも、歩き方によっては、蹴り上げてしまった雨水が着物につくかもしれませんが、それはまた別の話という事で。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->