OMEN X by HP 2S 15でOculus Questを使う ■Core i9-9880H /32GB /RTX2080MQ■

HP様より、ゲーミングブランド「OMEN」の中から、デュアルディスプレイを搭載したハイスペックモデル「OMEN X by HP 2S 15」をお借りしました。このハイエンドPCでOculus Questがどの程度楽しめるのか検証します。

テスト機:OMEN X by HP 2S 15-dg0010TX

今回お借りしたPCのスペックは下記の通り。このPCの性能を検証していきます。

modelOMEN X by HP 2S 15-dg0010TX
ディスプレイ15.6インチ FHD IPS液晶(1920x1080px、144Hz)
CPUIntel Core i9-9880H
8コア16スレッド・2.3GHz(TB 4.8GHz)
GPUNVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Q
8GB GDDR6
メモリ32GB
SSD512GB (NVMe/M.2、Intel Optane メモリーH10 対応)
HDDなし
電源230W
OSWindows10 Home 64bit

お借りしたモデルは、現行品と比べると液晶のリフレッシュレートが異なります。

このOMEN X by HP 2S 15が搭載しているRTX 2080 Max-Qはノートパソコン用としては最上位クラスです。

created by Rinker
HP
¥330,000 2021/1/16
定価¥399,800(税抜)、2021/1/16現在キャンペーン価格icon

Oculus Questを動かしてみる

Oculus Questを接続し、どれくらいの性能が出ているのかを確認していきます。目安として、PCが描けるフレームレートを用います。

フレームレートの観測方法

Oculusアプリのグラフィック設定を変更し、レンダリング解像度の設定を最小値「0.8x」と標準値「1.0x」と、最高値「1.3x」に設定して、各々のフレームレートをまとめます。

Oculus Questのグラフィック設定について

Oculus Questを接続する~Oculus Linkの配線の様子

OMEN X by HP 2S 15は向かって右側にThunderbolt3ポートを持っています。このポートを使えば、USBケーブル1本でOculus Linkが起動します。

配線はシンプルです。

給電能力も十分です。

このポートを使えば、エンドレスでOculus Linkが使えます。

HPオンラインストアで見る

「BEAT SABER」のフレームレート

BEAT SABERについて

軽いVRアプリの代表格として、BEAT SABERをテストします。

レンダリング解像度を限界まで上げても、フレームレートは180fps程度はています。

「Half-Life:Alyx」のフレームレート

Half-Life:Alyxについて

リッチな映像を描画するアプリとして、Half-Life:Alyxを動かします。

画質の設定は、「低画質」と「最高画質」の2点でリフレッシュレートを見ていきます。

いずれの設定にしても、レンダリング解像度「1.0x」ならば90fps以上出ており、快適にプレイできます。

レンダリング解像度を限界まで上げると70fps付近となり、フレーム落ちが発生します。

Oculus Questはレンダリング解像度を上げても画質の向上は少ないので、現実的には十分楽しめるでしょう。

「SteamVR Home」のフレームレート

SteamVR Homeについて

SteamVRを立ち上げると出てくるホーム画面です。SteamVRを起動する時には見ることになるので、ここが快適に動かなければ、ストレスを感じるでしょう。

Oculus Questのグラフィック設定を品質を優先にしても100fps程度は出ています。快適にプレイできます。

「Asgard’s Wrath」のフレームレート

Asgard’s Wrathについて

Oculus Link発表時に、同時に発表された大作RPGです。重たいVRアプリの代表格です。

Asgard’s Wrathは本当に重たいアプリです。

高画質設定にすると、レンダリング解像度の設定を「1.0x」にしても、フレームレートが72fpsに届かずフレーム落ちが発生します。体感的には、この設定であれば、問題なく動作しているように感じます。

レンダリング解像度「1.3x」では完全に描写が間に合っておらず、VR酔いにかかりやすい状態になりますので、お勧めできません。

HPオンラインストアで見る

フレームレート測定結果まとめ

Oculus Quest解像度0.8x解像度1.0x解像度1.3x
BEAT SABER385fps213fps180fps
Half Life:ALYX 低画質121fps95fps82fps
Half Life:ALYX 最高画質96fps93fps71fps
SteamVR Home120fps91fps99fps
Asgard’s Wrath 簡単172fps90fps60fps
Asgard’s Wrath 高91fps64fps43fps

【セルの色】水色:86fps以上、黄色:72fps~86fps、赤:72fps未満
※:Oculus Questのリフレッシュレートの2割増し=86Hz、Oculus Rift Sのリフレッシュレート=72Hz

Oculus Questのリフレッシュレートは72Hzです。これを超えていると、PCが十分な描写性能を持っていると言えます。

今回のテストしたアプリでは、Oculus Questのレンダリング解像度をむやみに上げなければ、描写できる結果となっています。

HPオンラインストアで見る

まとめ

OMEN X by HP 2S 15でOculus Questは使えるのか?

OMEN X by HP 2S 15でOculus Questは十分使えます。

ただし、レンダリング解像度は「1.0x」かAutoがおススメ。

Oculus Questはレンダリング解像度を上げても、元々の粒状感(スクリーンドア効果)が大きいため、改造感が上がりません。レンダリング解像度は不用意に上げる必要はありません。

OMEN X by HP 2S 15は、ハイエンドモデルだけあって、Oculus Questの能力は十分引き出せます。とは言え、Oculus Questのレンダリング解像度をむやみに上げると、描写が追いつかなくなります。レンダリング解像度の設定はAutoのままか、「1.0x」程度に抑える方が無難です。

OMEN X by HP 2S 15は、メモリー・CPU共に余裕があるために、少々割り込みが入ろうともゲーム中の動作の遅れが起きず、VRの世界に浸っていられます。

HPオンラインストアで見る

created by Rinker
HP
¥330,000 2021/1/16
定価¥399,800(税抜)、2021/1/16現在キャンペーン価格icon

スポンサーリンク

<- 記事下 ->