/* */

8k画質360度カメラ QooCam 8k 予約開始! ¥3,300割引きクーポンは12/10まで。

8k画質の360度カメラQooCam 8kの予約が開始されました。

このQooCam 8kですが、単純に画素数が上がっただけではなく、使い勝手が大幅に改善されているようです。

QooCam 8kの性能

センサー

1/1.7インチセンサーを2台積んでおり、出力画素数が2000万画素に相当とのことです。

QooCam発表時にはSony製センサーと公表していたのに対して、今回はメーカー名を出していません。出荷時期から考えると、下記のSamsung製のイメージセンサー「ISOCELL Bright GW1」を積んでいるのではないでしょうか。

入力端子

充電 USB Type-C
外部マイク3.5mmマイク端子

3.5mm外部マイク対応!!

コンシューマー向けで5k以上の画質の360度カメラでは初めての対応なのではないでしょうか。

QooCamはお世辞にも音質が良いとは言えなかったため、これは嬉しい改善です。

2.4インチプレビュースクリーン

GoPro MAXのように、タッチスクリーンが付いています。

単体で撮影モードの変更やプレビューが出来るようになりました。

Pilot ERAからのトレンドが、コンシューマー向けに降りてきています。

撮影モード

QooCam 8kの名前の通り8k画質での撮影が可能です。

8k画質がどれくらいの見え方をするのか、視力換算を下記の記事でまとめました。ご参考までに。

動画

画素数フレームレート色深度
8k画質7680×384030fps10bit
4k画質3840×192030, 60, 120fps10bit

10bitでの録画が出来ます。色深度が大きくなったことにより、白飛びや黒つぶれの低減を期待できます。もっとも、イメージセンサーの感度によるところが大きいので、実物を見るまでは判断が難しいところです。

画素数7680 x 3840
codecH.265, H.264
bitrate200Mbps(最大)

何気に、H.265対応で、bitrateも200Mbpsとなっています。H.264の1.5倍高画質と言われているH.265に対応していることから、動画の画質の向上が期待できます。360度カメラは映像の圧縮によるブロックノイズの影響を受けやすいので、こういうエンコード技術の向上は画質に直結してくるでしょう。

静止画

画素数色深度
8k画質7680×384012bit DNG(RAW)
リアルタイムRAW+ (16bit DNG)

静止画では、動画よりも上の12bitでのRAW撮影が可能となっています。動画に対して静止画で画素数を上げてくるカメラも多いのですが、QooCam 8kは動画と静止画で画素数の違いはありません。

日本での購入方法

現状(2019/11/14)、日本のAmazonでは今のところ取り扱っていないようですが、KanDao社から直接予約が出来ます。

クーポンの受け取り

QooCamなどのKanDao社の製品を持っていると、クーポンを受け取ることが出来ます。

QooCamの裏面のQRコードを写真で撮影して準備をしておきます。

KanDao社のサイトから「クーポンを取得する」をクリックすると下のような画面になります。

「写真をアップする」を押して、準備していた写真をアップロードすると、割引クーポンを取得できます。

このクーポンコードをコピーしておきます。

購入時の手続き

KanDao社のサイトの「製品」からQooCam 8kを選択すると、上部に、「予約注文」というボタンが出ているので、これをクリックします。

「カートに入れます」をクリック後、右上に表示されている「My Cart」を押します。

今予約すると、専用自撮り棒¥3,760が付いてくるようです。

この地点で、先ほどのクーポンコードを入力します。間違いがなければ、クーポンが適応され、¥3,300割引きされます。

そのまま、「お支払いへ進む」を押すと、下記のような画面になります。

支払いはPayPalのみ、発送はDHLとなっています。

海外からの発送ですが、送料無料です。

まとめ

QooCam 8kが発表になりました。

画質もさながら、使い勝手が良さそうなので、予約発注をかけてみました。

現状で予約をすると、¥3,760相当の自撮り棒がおまけに付いてきます。また、QooCamを持っていれば、¥3,300引きクーポンを使うことが出来ます。

実質、約10%割引(7,060)です。

現状、まだ保護ケースの予約もしていないようですし、様子見というのも一つの手ですが、QooCamユーザーながら今が買いなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->