// その他

QooCamのAndroidアプリがバージョンアップしました v.2.3.0

5/28付でQooCamのAndroidアプリがバージョンアップしました。

v.2.1.0のバージョンアップが4/25、v.2.2.0が5/9とかなりのテンポでアップデートが行われています。

アップデート内容

更新日
2019年5月28日
サイズ
62M
現在のバージョン
2.3.0

1. Add an option to clear app cache in the setting
2. Add “motion blur” for 16x and 32x in the “speed” feature
3. Optimize “go shooting” workflow of SmartClip
4. Fix the compatibility problems with some Huawei phones


https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kandaovr.xeme.qoocam

今回は目玉機能の追加と言うよりは、細々としたアップデートとなっています。

  1. アプリキャッシュをクリアするオプションの追加
  2. 「スピード」機能に16倍速と32倍速の「モーションブラー」を追加
  3. SmartClipの「go shooting」ワークフローの最適化
  4. Huawei社のスマートフォンとの互換性の問題の修正

撮影時のオプションについては、追加・変更共に無いようです。

SmartClipの「Go Shooting」というのが今一分かりませんが、「今すぐ撮影」ボタンのことでしょうか。

スピード編集

動画編集画面で、スピードを選択すると、

モーションブラーの選択と、32倍までの選択が可能になっています。

まとめ

QooCamは前回のアップデート含め、撮影機能よりも、編集機能の充実を図っています。

360度カメラを使って、FHDやHD画質で面白い映像を撮る、ということに特化することによって、差別化を目指しているのではないでしょうか。

中々面白いアレンジです。

QooCam自身の単価が上がってきています。5月頭では5万円を切る程度でしたが・・・


(ご参考)QooCam販売サイト(2019/6/2更新)