QooCam StudioとVuze VR Studioのスローモーションを試す

2019年8月21日

QooCam Studio v1.4.3.9の目玉機能として、「AIスローモーション」なる機能が搭載されました。

また、同時期にVuze VR Studioもバージョンアップ。v3.2.6328でスローモーション編集ができるようになりました。

双方共にどんなものなのか、比較を行いました。

スポンサーリンク

撮影状態

写真の状態で、自撮り棒を手で持って、撮影しています。

3台の比較で使っている映像から抜粋しています。

動画の撮影状態は、下記の通り。QooCamの方がフレームレートが高いのでスローモーションは有利になります。

QooCam4k@60fps
Vuze XR5.7k@30fps

動画内容

使用ソフトAdobe Premiere Pro 2019 v13.1.0

準備したデータは下記の通り。数秒ずつで切り替わります。

QooCamQooCam Studio(v1.4.3.9)でrender
Stabilization : Anti-Shake
Color Correction : ON
通常スピード
QooCamQooCam Studio(v1.4.3.9)でrender
Stabilization : Anti-Shake
Color Correction : ON
1/10スローモーション
Vuze XRVuze VR Studio(v3.2.6328)でrender
stabilization : Shake stabilization
通常スピード
Vuze XRVuze VR Studio(v3.2.6328)でrender
stabilization : Shake stabilization
1/10スローモーション
Vuze XRVuze VR Studio(v3.2.6328)でrender
stabilization : Shake stabilization
通常スピードの素材をPremiere Proにて1/10に(フレームブレンドON)

比較動画

スポンサーリンク

Youtube

VeeR

まとめ

Vuze VR Studio v3.2.6328のスローモーションは、コマを伸ばしただけに見えます。

一方、QooCam Studio v1.4.3.9のスローモーションは確かに、コマの補完が行われています。特に、視界右側の風に揺れる鯉のぼりを見ていただければわかりやすいかと思います。が、QooCam StudioのAIスローモーションも花びらのような小さなものにはうまく働かないようで、動きがとびとびになっています。

また、比較用にVuze XRの動画をPremiere ProでフレームブレンドONのスローモーションにしたものを最後に載せました。QooCam Studio v1.4.3.9のAIスローモーションの方が、鯉のぼりの輪郭がはっきりしているように見えます。QooCam Studioが何かしらの演算によって補完をしていることが伺えます。

高価なPremiere Proを購入以上に滑らかな補完ができるという点で、QooCam Studioの進化は素晴らしいのではないでしょうか。一方、Vuze VR Studioは「取り敢えず実装した」といった印象。無いよりは良いですが、特記すべき点がありません。

Vuze XR

(公式サイトでは、10%OFFや送料無料等の特典あり)

スポンサーリンク

<- 記事下 ->