/* */

【Windows10】Cドライブを容量の小さいSSDに交換する方法

2019年8月21日

先日、パソコンのCドライブに使用していたSSDが急に認識しなくなりました。
購入してきたSSDと交換したのですが、壊れたSSDよりも交換後のSSDの方が容量が小さかったため、手間取りました。
備忘録を兼ねて、その時の対処方法を残します。
単にCドライブを大容量のHDDから小容量のSSDに交換したい時にも使える手段です。

使用したソフト

私は過去何度かSSDが故障してCドライブのデータ消失を経験しています。
HDDが壊れる時には、
 読み込みエラーが発生し始める⇒HDDが認識しなくなる
という流れが多いのに対して、SSDは、
 ある日突然認識しなくなる
というパターンが多く、予兆が読み取れません。
そこで、定期的にバックアップを取っています。
私が使っているソフトは下記の通り。無料で使えるソフトです。
下にVectorのリンクを貼っておきます。
このソフトのいい点は、SSD全体を一つのファイルとして保存してくれるところです。
このファイルを、仮想ドライブとしてマウントし、ファイルにアクセスすることもできます。

準備したもの

必要なものは4つです。
  1. Macrium Reflect をインストールしたWindowsマシーン
  2. Macrium Reflect で作ったCドライブのバックアップイメージデータ
  3. 新しいSSD
  4. SSD用ケース(必要があれば)
1.Macrium Reflect をインストールしたWindowsマシーン
Windows環境下で作業しますので、何はともあれ、Windowsが立ち上がらないと作業ができません。動作が遅くても、サブマシーンがあると良いかと思います。
2.Macrium Reflect で作ったCドライブのバックアップイメージデータ
Cドライブを交換する前に、Macrium Reflect でバックアップイメージを作っておいてください。
バックアップイメージの作成方法は割愛します。
このバックアップイメージを使用して作業を行います。
3.新しいSSD
今回は、Crucail BX500 240GBを購入しました。
Cドライブは、壊れる頻度が高いように感じます。
データは他のドライブに残して、Cドライブの容量を圧迫しないようにしています。
全壊は480GBを買ったのですが、半分以上余っていたので、今回はこの容量にしました。
4.SSD用ケース
今回は、このソフトとUSB接続のSSDケースに新しいSSDを入れて、作業を行いました。
後ほど取り外して交換するので、あると便利です。


復旧作業に入ります。
データ復旧作業

  1. Macrium Reflectを立ち上げます。
  2. 画面にある「Restore」をクリックします。
  3. 画面右下にバックアップイメージデータのファイル名が出ます。
    復元したいデータを選択します。
    右側に出てくる「Restor Image」をクリックします。
  4. ポップアップした画面の「Select disk to restore to…」をクリックします。
  5. 接続されているHDDやSSDの一覧が表示されます。新しいSSDを選択してください。下の絵の場合はDisk1を選択しました。
  6. これから、データを移していきます。バックアップイメージデータである上の欄にあるパーティションのイメージを、一つずつ下の欄にドラッグ&ドロップしていきます。
  7. ウインドウズマークのある「4」のパーティションまでドラッグ&ドロップしていくと、下の欄がいっぱいになってしまいました。「5」のパーティションが入りません。
    そこで、下の欄の「4」のパーティションを選択してから、「Restored Partition Properties」をクリックします。
  8. ポップアップした画面の「Free Space」の欄に先ほどの画面の「5」のパーティションの容量より若干大きめ値を入力します。
    今回は、「5」のパーティションが891.0MBとなっていますので、「Free Space」には892MBと入力しました。
    なお、容量の単位が「MB」となっていることを注意してください。
    確認が出来たら「OK」を押してください。
  9. 「5」のパーティションが入る容量が空きました。

    「5」のパーティションも上の欄から下の欄にドラッグ&ドロップします。

    無事、全てのパーティションイメージが新しいSSDにコピーできそうです。
    ここまで出来れば、「Next >」をクリックします。
  10. 修復の詳細が表示されます。「Finish」を押すと、コピーが始まります。
  11. コピーが終われば、SSDを取り外し、いよいよSSDの交換です。
    修繕するPCの電源が落ちていることを確認してください。
    SSDの交換は割愛します。

まとめ

ざっと、SSDのデータの写し方の説明をしてきました。
私の場合はこの方法で、windows10の復元が出来ました。
今回改めて、「Macrium Reflect」が便利だと再認識しました。
「Macrium Reflect」の復元の利点
  1. 復元元のデータを移す時に、パーティションのサイズが変更できる
応用すれば、小容量のSSDから大容量のHDDへの以降も、整理されたパーティションで作ることが出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->