360度カメラ画素数比較

2019年5月10日

※3月中に発売される「RICOH THETA Z1」も比較対照に入れました。

Motorola社のスマートフォン「Moto Z」シリーズ用の合体ガジェット、Moto360カメラの静止画が意外に綺麗だったので、他の360度カメラの画素数と比較してみました。

目次「360度カメラ画素数比較」
1.比較する機種
2.静止画性能
3.動画性能
4.まとめ

スポンサーリンク

1.比較する機種

今回は下記の6機種について、比較いたします。

1-1.GoPro Fusion

アクションカムで有名なGoPro社が出した360度カメラです。映像の発色の良さはピカ一です。

1-2.Insta360 ONE X

中国Shenzhen Arashi Vision社の360度カメラです。薄い本体はステッチの処理が良く滑らかな画像が得られます。

スポンサーリンク

1-3.Vuze XR

360度画像と180度 3D画像が取れるカメラです。5.7k画質を謳っています。 レンズの稼働は、男心をくすぐります。

1-4.Moto 360 カメラ Moto Mods

Motorolaのスマホ、MOTOシリーズに合体する360度カメラです。スマホのカメラとしてシームレスに使える魅力があります。 合体スマホ、超合金世代には心が揺さぶられます。

1-5.QooCam

360度画像と180度 3D画像が取れるカメラです。4k画質を謳っています。 ガシャガシャと稼働する本体は、男心をくすぐります。

1-6.RICOH THETA V

日本メーカーリコーの360度カメラです。OSにAndroidを使用しているため、自由度が高いそうです。

1-7.RICOH THETA Z1

日本メーカーリコーの360度カメラです。1インチセンサーを使用した、超高画質カメラです。

スポンサーリンク

2.静止画性能

【360度静止画】
機種名 公称画像
GoPro Fusion 5.7k 5760 2880
Insta360 ONE X 18MP 6080 3040
Vuze XR 18MP 6000 3000
Moto 360 カメラ Moto Mods 1300万画素 x 2 6240 3120
QooCam 4k 4320 2160
RICOH THETA V 約1200万画素(×2) 5376 2688
RICOH THETA Z1 2,000万画素
6,720
RAW(7,296)
3,360
RAW(3,648)
RICOH THETA Z1が頭一つ突き抜けています。1インチセンサーと言うことで、画素数アップよりも画質アップの方が興味があります。
続く2位争いは、同じ18MPとなっていても、少しずつ数字が異なるようです。18MPカメラの中では、スマホのオプション扱いのMoto 360が画素数が多いというのは、皮肉な感じがします。

3.動画性能

【360度動画、最高画素数】
機種名 公称画像
GoPro Fusion 5.2k 5228 2624
Insta360 ONE X 5.7k 5760 2880
Vuze XR 5.7k 5760 2880
Moto 360 カメラ Moto Mods 4k 3840 1920
QooCam 4k 3840 1940
RICOH THETA V 4k 3840 1920
RICOH THETA Z1 4k 3840 1920
【撮影モード】
機種名 5k以上 4k その他
GoPro Fusion 5228×2624@30fps 3008×1504@60fps
Insta360 ONE X 5760×2880@30fps 3840×1920@50fps 3008×1504@100fps
Vuze XR 5760×2880@30fps 3840×1920@60fps  
Moto 360 カメラ Moto Mods 3840×1920@24fps  
QooCam 3840×1920@60fps 1920×960@120fps
RICOH THETA V 3840×1920@30fps  
RICOH THETA Z1 3840×1920@30fps 1920×960@30fps
RICOH THETA Z1と、RICOH THETA Vは撮影時間は5分に限られています。静止画が高画質なRICOH THETA Z1が動画では4k止まりなのも面白いところ。

GoPro Fusionに4kモードがないのが面白いですね。確かに、4kで撮ることなんてありません。

画素数を下げてでもフレームレートを上げているQooCamは面白いですね。
なお、GoPro Fusionはファームウェア2.0で5.6k動画に対応できます。

4.まとめ

RICOHはRICOH THETA Z1のスペックから分かるように、写真を撮るカメラとして頭一つずば抜けています。
Vuze XRInsta360 ONE Xは動画性能で肉薄していますが、手ぶれ防止機能がInsta360 ONE Xの方が秀逸と言われています。
・スペック
・コンシューマー機
という制限だけで選ぶならば、現状の360度カメラのBest Buyは、
となるでしょう。
今後は、写真用・動画用と、棲み分けが進んでいくのかもしれません。
ただ、RICOH THETA Z1は価格も頭一つずば抜けています。Insta360 ONE Xが2台買えるんじゃない?

スポンサーリンク

<- 記事下 ->