HP Pavilion Gaming Desktop TG01でOculus Questを使う ■Core i7-9700 /16GB /RTX2060■

HP様よりHP Pavilion Gaming Desktop TG01をお借りしました。ミニタワータイプのゲーミングPCです。このPCとOculus Questをつなげると、どれくらいVRが楽しめるのか検証しましたので、まとめます。

テスト機:HP Pavilion Gaming Desktop TG01

今回お借りしたPCのスペックは下記の通り。このPCの性能を検証していきます。

modelHP Pavilion Gaming Desktop TG01-0721jp
CPUCore i7-9700
8コア8スレッド 3.0GHz(TB 4.7GHz)
GPUNVIDIA GeForce RTX 2060
6GB GDDR6
メモリ16GB
SSD512GB
HDD2TB
電源500W 静音電源 (80PLUS GOLD)
OSWindows10 Pro 64bit

お借りしたモデルは第9世代Intel Core i7を搭載したモデルです。現行型は第10世代Intel Core i5、Core i7を搭載していますので、この記事よりも高性能と考えられます。

HP Pavilion Gaming Desktop TG01
created by Rinker
HP
icon

Oculus Questを動かしてみる

Oculus Questを接続し、どれくらいの性能が出ているのかを確認していきます。目安として、PCが描けるフレームレートを用います。

フレームレートの観測方法

Oculusアプリのグラフィック設定を変更し、レンダリング解像度の設定を最小値「0.8x」と標準値「1.0x」と、最高値「1.3x」に設定して、各々のフレームレートをまとめます。

Oculus Questのグラフィック設定について

Oculus Questを接続する~Oculus Linkの配線の様子

HP Pavilion Gaming Desktop TG01の背面のUSBは全てUSB2.0です。Oculus Questを動かすためには、前面にあるUSB端子を使う必要があります。

前面の一番下にUSB Type-Cを持っていますので、多くの人はこのポートを使うこのになるのではないでしょうか。

約10Wの給電能力

前面のUSB Type-Cポートは、給電能力も十分あるためエンドレスでOculus Linkが使用できます。

「BEAT SABER」のフレームレート

BEAT SABERについて

軽いVRアプリの代表格として、BEAT SABERをテストします。

フレームレートは160fps以上出ています。快適に動作しています。

「Half-Life:Alyx」のフレームレート

Half-Life:Alyxについて

リッチな映像を描画するアプリとして、Half-Life:Alyxを動かします。

画質の設定は、「低画質」と「最高画質」の2点でリフレッシュレートを見ていきます。

Oculus Questのレンダリング解像度を「1.0x」に設定していれば、フレームレートも80fps以上は確保できるので快適にプレイできます。

Oculus Questのレンダリング解像度を最高の「1.3x」まで上げてしまうと、絵の描写が間に合わないため、VR酔いの可能性が高まります。

「SteamVR Home」のフレームレート

SteamVR Homeについて

SteamVRを立ち上げると出てくるホーム画面です。SteamVRを起動する時には見ることになるので、ここが快適に動かなければ、ストレスを感じるでしょう。

フレームレート100fps程度は出ています。快適です。

「Asgard’s Wrath」のフレームレート

Asgard’s Wrathについて

Oculus Link発表時に、同時に発表された大作RPGです。重たいVRアプリの代表格です。

Oculus Questのレンダリング解像度「1.0x」でも、Asgard’s Wrathの画質を「高」にすると、フレーム落ちが発生します。引っかかるような動作はしないため、動作自身に問題は感じませんが、VR酔いの可能性が高まりますので、お勧めできません。

Oculus Questのレンダリング解像度を最高に上げた「1.3x」では、完全に描写が間に合いません。この設定でAsgard’s Wrathをプレイするのはお勧めできません。

フレームレート測定結果まとめ

Oculus Quest解像度0.8x解像度1.0x解像度1.3x
BEAT SABER244fps246fps163fps
Half Life:ALYX 低画質142fps96fps82fps
Half Life:ALYX 最高画質93fps83fps65fps
SteamVR Home108fps97fps96fps
Asgard’s Wrath 簡単162fps80fps59fps
Asgard’s Wrath 高80fps55fps38fps

【セルの色】水色:86fps以上、黄色:72fps~86fps、赤:72fps未満
※:Oculus Questのリフレッシュレートの2割増し=86Hz、Oculus Rift Sのリフレッシュレート=72Hz

Oculus Questのリフレッシュレートは72Hzです。これを超えていると、PCが十分な描写性能を持っていると言えます。

Oculus Questのレンダリング解像度を「1.0x」か「Auto」とすれば、快適にVRが体験できます。レンダリング解像度はむやみに上げない方が良いでしょう。

まとめ

HP Pavilion Gaming Desktop TG01でOculus Questは使えるのか?

HP Pavilion Gaming Desktop TG01でOculus Questは十分使用できます。

レンダリング解像度はむやみに上げない方が良いでしょう。

Oculus Questはレンダリング解像度を上げても、元々の粒状感(スクリーンドア効果)が大きいため、改造感が上がりません。レンダリング解像度は不用意に上げる必要はありません。

HP Pavilion Gaming Desktop TG01は、スペック的にもOculus推奨スペックを満たしていますし、アプリの画質を求めなければ、十分VRを楽しめます。ただし、Asgard’s Wrathのような重たいアプリでは高画質化はフレーム落ちの原因となります。このPCのスペックでは画質は狙わず、フレームレートを狙った方が快適にVRが楽しめます。

CPUには余裕があるため引っかかるような動作はなく、快適にVRを楽しめます。

HP Pavilion Gaming Desktop TG01
created by Rinker
HP
icon

スポンサーリンク

<- 記事下 ->