Oculus Quest 2のグラフィック設定

Oculus Quest 2のグラフィック設定

Oculus QuestをPC用HMDとして使用する「Oculus Link」という機能があります。

このOculus Link時にPCが描く絵の大きさの設定が「グラフィック設定」から出来ますので、選択できる範囲を記載します。

グラフィック設定の設定場所

PCのOculusアプリの「デバイス設定」から「QuestとTouch」を選択し、「>」アイコンをクリックして、メニューを表示させます。

メニューの下の方に、「グラフィック設定」があります。

レンダリング解像度とは

グラフィック設定に現れたレンダリング解像度

Oculus Quest 2の2020年11月のアプリ・ファームウェアの更新後、グラフィック設定は、二つの項目に分かれました。

  • リフレッシュレート
  • レンダリング解像度

リフレッシュレートは、Oculus Quest 2は72Hz・80Hz・90Hzから選べます。72Hzの方がPCの負荷が小さく、動作が安定します。一方、90Hzとすると、絵が高速に切り替わることでVR酔いが低減されると言われています。VR酔いしやすい人は、多少画質を犠牲にしても90Hzに変更した方が良いでしょう。

レンダリング解像度は、PCが描く絵の大きさです。

Oculus Linkは、DisplayPortよりも低速のUSBケーブルで、HMDとして成立させているわけですが、これは、PCで一度描いた絵を圧縮してUSBケーブルでOculus Questに転送する、という作業が行われています。

当然、圧縮による画質の劣化が起こります。

そこで登場するのが、スーパーサンプリングと言われる「最初から大きな絵を描いてしまえば、劣化が気にならないんじゃない?」という、強引な手法です。

下記にレンダリング解像度、スーパーサンプリングについてまとめています。ご参考までに。

どれくらいに設定すればいいのか

基本は、「自動」を選んでおけば問題ないでしょう。

手動で設定する場合、レンダリング解像度が大きければ、それだけ絵が綺麗に見えます。当然PCには負荷がかかります。PCの性能が許すのならば、レンダリング解像度は大きい方が良いでしょう。

個人的には、Oculus Questのレンダリング解像度に関しては、レンダリング解像度「4704 x 2384」を超えるとあまり違いがないと感じます。

Oculus Link用にPCを購入するのであれば、レンダリング解像度「4704 x 2384」で72Hzが安定して出せるものを選べば良いでしょう。VR酔いしやすいようでしたら、90Hzで動く物を選べば尚良しです。

もっとも、人によって、顔の形の違いによるOculus Questのレンズと目の間の距離や、視力も異なるため、一概に「これが良い!」とは言えないので、色々試してみては如何でしょうか。

グラフィック設定

グラフィック解像度の設定時の「1.0x」や「0.7x」等は、PCの環境によって変化します。どうやら推奨値を「1.0x」としているようです。

Oculus Linkのレンダリング解像度の最小値( 2784 x 1408 ) このサイトでは「0.7x」とする
Oculus Linkのレンダリング解像度の最小値( 5480 x 2736 ) このサイトでは「1.3x」とする

このサイトでは、最小の設定時を「0.7x」最大の設定時を「1.3x」として表示します。

表示倍率Oculusアプリ表示解像度(両目分)SteamVR表示解像度(片目分)
0.7x2784 x 14081392 x 1408
0.7x2944 x 15041472 x 1504
0.8x3104 x 15841552 x 1584
0.8x3248 x 16481624 x 1648
0.8x3440 x 17441720 x 1744
0.9x(パフォーマンスを優先)3616 x 18401808 x 1840
0.9x3696 x 18721848 x 1872
0.9x3920 x 19841960 x 1984
1.0x(バランス)4128 x 20962064 x 2096
1.0x4208 x 21282104 x 2128
1.1x4464 x 22562232 x 2256
1.1x(品質を優先)4704 x 23842352 x 2384
1.2x4848 x 24482424 x 2448
1.2x5136 x 26082568 x 2608
1.3x5408 x 27362704 x 2736

レンダリング解像度設定の欄のカッコ内に記したものが、ファームウェア更新前のグラフィック設定の値です。

これを見ると、「4704 x 2384 px」の設定で、以前の「品質を優先」に相当します。この値以上に解像度を上げたところで、画質の向上を感じれる人はまれではないでしょうか。

2020年11月以前のグラフィック設定

Oculus Quest 2のグラフィックの設定は、「パフォーマンスを優先」と「品質を優先」と「バランス」があります。グラフィック設定を変更すると、PCのOculusアプリの再起動が必要になります。

SteamVRで見ると、実際に描画されている映像の解像度が分かります。

Oculus Quest 2の解像度をまとめると、以下の通りです。

Oculus Quest 2の画質の設定描写される解像度描写される画素数
パフォーマンスを優先1776 x 1808 px6.4Mpx
バランス2064 x 2080 px8.6Mpx
品質を優先2352 x 2368 px11.1Mpx

スポンサーリンク

<- 記事下 ->