/* */

Oculus Quest 2:純正「Quest 2携帯用ケース」を使ってみる

Oculus Quest 2

Oculus Quest 2用のアクセサリーが多々出てきています。

その中で、私が購入して使ってみた純正のケースを紹介します。ご参考にしてください。

created by Rinker
Oculus
¥6,710 (2020/10/31 11:40:51時点 Amazon調べ-詳細)

5千円くらいのものなのに、転売ヤー恐るべしです。

届いた状態

いたってシンプルです。下の写真は透明の、何の印刷もないビニール袋から出した状態です。

簡単な説明書きが付いています。

但し書きを見ると、別売りの「Eliteストラップ」等に換装しても使えるようです。これはありがたい。

入っていたもの

ケースの中には説明書が入っていました。

  • 本体
  • 説明書

以上、といたってシンプルです。

詳細を見ていく

開け方

一見、開け口が見つからないのですが、ケースの左側に細い持ち手があります。これを引っ張るとファスナーが300度くらい回ります。

ケースの内側

ケースを開けると、中央に簡単な説明書きが付いていました。両面テープで固定されています。これを外すと、説明書が出てきました。

ケース内部の作りは下記の写真の通りです。いたってシンプルです。

Oculus Quest 2を収めてみる

コントローラー

中央部分は、コントローラーを収めます。前述の紙に書いてあった通り、左のコントローラーを右に、右のコントローラーを左に収納してみます。

左のコントローラーを右、右のコントローラーを左に収めた場合。

試しに逆に入れてみます。

左のコントローラーを左、右のコントローラーを右に収めた場合。

ちょっとおさまりは悪い物の、入ってはいますね。コントローラーを片付けるときに、場所は考えなくても良さそうです。

充電器とUSBケーブル

充電器とUSBケーブルは、ここのポケットに入れるように指定がしてありました。キレイに収まっています。

本体

本体を入れてみます。

上側と後ろに余裕がありつつも、程よくテンションもかかっており、持ち歩いても動きにくい作りとなっているようです。

これでケーブル類を入れれば、一応の完成です。

すっきりと入りました。

重さ

重さを計っています。ケースの重さは、525gでした。

Oculus Quest 2を一式入れると、1389gとなりました。

キレイに収まっていますが、これくらいの重さになってくると、肩掛けが欲しくなるように思います。

サードパーティ製(Quest用)との比較

左:Oculus純正Quest 2用ケース、右:サードパーティ製Quest用ケース

右は、Quest用のキャリングケースです。収納方法も異なりますが、Quest 2用ケースの方が一回り小さく持ち運びやすそうです。

Quest 2用ケースは全体的に丸みを帯びているので、自立しないのが難点かもしれません。

まとめ

Oculus純正のQuest 2用ケースを購入しました。

Oculus純正Quest 2用ケース

〇:何も考えずに、キレイに収納できる
〇:コンパクトに収納
〇:質感は高い
×:肩掛けが無いので、持って歩くにはちょっときついかも

created by Rinker
Oculus
¥6,710 (2020/10/31 11:40:51時点 Amazon調べ-詳細)

5千円くらいのものなのに、転売ヤー恐るべしです。必ず値段は下がるので、下がってから買いましょう。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->