/* */

Oculus Quest レビュー:Oculus Goと見え方はどう違うのか

2020年5月29日Oculus Go,Oculus Quest

Oculus Questでブラウザーを見た場合、Oculus Goと何処が違うのかまとめます。この違いは2D動画を見た場合にも当てはまりますので、ご参考までに。

スペックおさらい

Oculus QuestはOculus Goに比べて、若干解像度が高い点と、SoCの能力が高い点が大きな違いです。

 Oculus Rift SOculus GoOculus Quest
プラットホームPC接続スタンドアロンスタンドアロン
SoC
(GPU)
PC依存Snapdragon 821
(Adreno 530)
Snapdragon 835
(Adreno 540)
解像度(片目)
(ディスプレイ数)
1280 x 1440
(2560 x 1440 1枚)
1280 x 1440
(2560 x 1440 1枚)
1600 x 1440
(1600 x 1440 2枚)
リフレッシュレート80Hz60Hz,72Hz72Hz
視野角115度110度100度
IPD調整ソフトウェア不可ダイヤル式
ディスプレイ液晶液晶有機EL
トラッキング方式インサイドアウトインサイドアウトインサイドアウト
外部センサー不要不要不要
トラッキング6DoF3DoF6DoF
価格(ドル)$399$200$399
価格(円)¥49,800¥24,624(32GB)
\29,800(64GB)
¥49,800(64GB)
\62,800(128GB)

SoCの差は下記のサイトを見ますと、ザックリ2倍程度処理能力が違うようです。

ブラウザーを見た時の違い

本サイトの下記の記事を見てみました。

ブラウザーを見た場合、双方共にスマートフォンで見た場合と同じような表示になります。Androidベースなので、当然と言えば当然です。

文章の表示

下の2枚の図がそれぞれ、Oculus Go、Oculus Questのスクリーンショットです。

表示される行数は同じようです。

Oculus Go
Oculus Quest

実際に見ると、Oculus Questの方が字が読みやすく感じます。

理由として考えられる点は2点。

  1. 単純に解像度の差
  2. Oculus Questは勇気ELディスプレイであるのに対してOculus Goは液晶ディスプレイ。この違いによって、Oculus Questの方が黒が締まって見える。

もっともOculus Questは勇気ELディスプレイであるが故に、ドット間の発光していない部分が見える、いわゆる網目現象がOculus Goよりも顕著に見えます。これはどんなコンテンツをメインに見るかによって、評価が分かれて来るのでは無いでしょうか。

写真・動画の表示サイズ

同様にブラウザーに表示される写真のサイズは同程度のようです。

下記はYouTubeの貼り付けですが、Oculus Goではカクカクなってしまう解像度でも、Oculus Questは難なく再生してくれます。

Oculus Go
Oculus Quest

Oculus QuestとOculus Goとの決定的な違い

Oculus QuestとOculus Goのブラウザー表示について、上記2点を見てきました。上記2点については、Oculus Goに比べてOculus Questが単純にハードウェアの能力が高いことに寄る違いが見えただけです。

両者の決定的な違いとして、トラッキング方式があります。これによって、ブラウザーや動画の見え方がガラッと変わってきます。

Oculus Goは、頭の回転(3軸)のみに映像が追従する「3DoF (Degree of Free:自由度 )」方式です。

3DoF

一方、Oculus Questは、頭の回転(3軸)と頭の移動に映像が追従する「6DoF (Degree of Free:自由度 )」方式です。

6DoF

この両者の差によって、頭の動きに対して、ブラウザーの動きが異なってきます。

下に例えば、頭を前に動かした時の見え方の違いのイメージ図を作りました。

このように、Oculus Goでは頭を動かしても、見えているブラウザーは頭から等距離を保ち続けます。

一方、Oculus Questでは、ブラウザーがあたかも目の前に浮いているかのように見えます。近付けば大きく見えますし、遠ざかれば小さくなります。

文字が読みにくい時に前に行けば文字が大きく見えますし、全体を見たければ頭を後ろに下げれば良いんです。

操作性の違い

Oculus Goのコントローラーは、十字キーやスティックが無いため、タッチパッドでの操作になります。

これが、ブラウザーの動作時には結構面倒で、スクロールが多いと、親指が疲れてしまいます。

対して、Oculus Questのコントローラーはスティックでの操作になります。画面のスクロール時には、親指の動きは最低限で済みます。

好みの問題もあるかとは思いますが、Oculus Questの方が操作性は良いように感じます。

まとめ

Oculus QuestとOculus Goのブラウザーの見え方の違いについて、比べてみました。

結果、Oculus Questの方が、解像度・SOC共にスペックが高いため、その分見やすい傾向にありますが、それ以上に、ブライザーが頭の動きに追従する(6DoF)の効果があるため、文字が読み易いと言うことが分かりました。

某コミックサイトなんかを見てみると、コミックが見開きでドデカく見えました。まぁ、わざわざOculus Questで見るべきかどうかは、置いておいて、ですが。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->