/* */

VIVEシリーズのBase Station 1.0をモバイル化したという話

Base Station,Pimax 8k Plus,VIVE Cosmos Elite

VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の一つである VIVE Cosmos Elite を買ったのはいいけれど、同封されているベースステーション(Base Station 1.0)は、標準では壁に取り付けろ、みたいな感じで書かれています。

壁に穴を開けるのも嫌なので、三脚に乗せて使っています。が、こうすると、DCアダプタが結構邪魔なので何とかした、という話をまとめます。

ベースステーション(Base Station)とは

ベースステーションとは、VIVEシリーズをはじめとする、高精度に頭やコントローラーの動きをトラッキングするために置く、一辺が9cm弱の四角い黒い箱です。

created by Rinker
HTC
¥17,315 (2020/11/25 08:34:24時点 Amazon調べ-詳細)

このベースステーション出る赤外線をHMDやコントローラーが感じて、トラッキングをしています。

設置場所が問題で、本当ならば2.0m以上の高さに置いた方が良いようです。

詳しくは、下記の記事が分かりやすく書いてありました。ご参考までに。

ベースステーションはより広範囲をトラッキングできる2.0もありますが、一般家庭では1.0で十分とのことです。

私自身、今のところ設置方法以外はBase Station 1.0で不満を感じていません。

ベースステーションの不満点:DCアダプタ

付属のDCアダプタが意外と大きいのです。

個人的には、三脚に乗せて使っていますが、長くダランと垂らさなければいけない上に、コンセントの位置から離すわけにもいかない。

これを何とかしたいと考えたわけです。

DCアダプタの定格

上記の写真にも小さく乗っていますが、このDCアダプタの定格は、下記の通りです。

項目定格
出力電圧12V
出力電流2.5A

電力で言うと30Wです。大きさ相応の供給能力があるようです。

消費電力の確認

ベースステーションは、赤外線を発しているだけです。本当に30Wもの電力が必要なのでしょうか。

ベースステーションの消費電力を見てみました。約4Wです。

DCアダプタでのロスもあるでしょうから、本体の消費電力はもう少し小さいでしょう。

ちなみに、電流は0.3A程度流れている換算になります。

おや? 電力で考えると、USBは5Vなので・・・0.8A? USBから供給できるんじゃない?

と考えたわけです。

購入した物:USB12V電圧ブースター

購入した物は、この電圧ブースターです。

ベースステーションのDCアダプタのジャック部分のサイズは、5.5mm×2.5mmのタイプです。

電圧とジャックサイズさえ間違えなければ、使えるはず。

項目定格
出力電圧12V
出力電流0.6A

電力で言えば7.2W。ベースステーションの消費電力が4Wならば、倍くらいの余裕がありそうです。

モバイルバッテリーに接続してみる

使用したモバイルバッテリーは下記のものです。安かったから買っただけで、特殊なものではありません。

モバイルバッテリー 小型 軽量 13800mAh 携帯バッテリー 大容量 コンパクト (PSE認証済) LCD残量表示 鏡面仕上げデザイン 持ち運び便利 急速充電 ミニ 携帯充電器 ipad/iPhone/Android 機種対応 出張 旅行 地震防災 アウトドア活動 黒
Lakko

接続してみました。ベースステーションには、電源ボタンもないので、接続すると直ぐに動き始めます。

写真のように、何の問題もなく動きました。

消費電力確認

この接続の間にテスターを入れて、消費電力を確認してみます。

およそ5Vで0.8A・・・約4Wですね。想定通りでした。

ベースステーションが移動可能に

というわけで、我が家のベースステーションは、下の写真の形に落ち着きました。

  • 百均自撮り棒
  • ミニ三脚
  • USB 12V電圧ブースター
  • モバイルバッテリー

給電もモバイルバッテリーなりので、手軽に移動できます モバイル化した、と言わせてください。

このセットならば、コンセントが届かなくても、家具の上に置いて使えます。

ちなみに、ベースステーション単品の重さは約300gなので、スマートフォン用の自撮り棒でも使えます。首が動くタイプの自撮り棒を使うと角度も調整できますので、新規で購入するのならば、首が動かせるタイプが良いでしょう。

まとめ

PC用のHMDは、ベースステーションの設置が・・・と思っていたのですが、モバイルバッテリーから給電できるようになりました。

元々、ベースステーション自身はPCにつなげる必要もないので、電源がモバイルバッテリーになったことから、ベースステーション単品で、気軽に動かせるようになりました。

なお、現状、私自身はトラッキングにも不満を感じていませんが、HTCが公式にこの方法を取らなかったということは、USBからの給電では、条件によっては電力不足になる等の不具合があるかもしれません。

また、Vive Cosmos EliteのHMD本体は、この手のUSB電圧ブースターでは起動しませんでした。起動後は6W程度に落ち着くようなので、あと一歩の工夫で何とかなりそうな気はしますが。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->