ASUS ROG Zephyrus S15でPimax 8k Plusを使う ■Core i7-10850H /32GB /RTX2070SUPER■

2021年1月12日

ASUS ROG Zephyrus S15で
Pimax 8k Plusを使う
Core i7-10850H /32GB

GeForce RTX 2070 SUPER

ASUS様より、ゲーミングブランド「ROG」の名前を持つ「ROG Zephyrus S15」をお借りしました。

Max-QではないGeForce RTX 2070 SUPERを積むハイエンドなゲーミングノートでPimax 8k Plusがどの程度楽しめるのか検証します。

テスト機:ASUS ROG Zephyrus S15 (GX502LWS-I78R2070S)

ASUS様からお借りしたハイスペックゲーミングノートPCです。このPCの性能を検証していきます。

modelROG Zephyrus S15 GX502
GX502LWS-I78R2070S
ディスプレイ15.6インチ FHD IPS液晶(1920x1080px、360Hz)
CPUIntel Core i7-10875H
8コア16スレッド・2.3GHz(TB 5.1GHz)
GPUNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER
8GB GDDR6
メモリ32GB
SSD1TB (NVMe/M.2)
HDDなし
電源240W
OSWindows10 Home 64bit

Pimax 8k Plusを動かしてみる

Pimax 8k Plusを接続し、どれくらいの性能が出ているのかを確認していきます。目安として、PCが描けるフレームレートを用います。

フレームレートの観測方法

今回の検証では、Pimax 8k Plusのグラフィック設定は、変更しません。レンダリング解像度も100%のまま、動作保証もOFFにします。

Pimax 8k Plusの視野角の設定について

Pimax 8k Plusを接続する~配線の様子

ROG Zephyrus S15はDisplayPortを持っていませんが、Thunderbolt 3端子からアダプタを介して、Vive Cosmos Eliteを接続出来ます。

※写真はOculus Rift S接続時のもの

Thunderbolt 3端子の隣にUSBポートもあるので、配線はシンプルになります。

上の写真で使っているアダプタは、Cable Mattersのものです。

created by Rinker
¥1,699 (2021/01/19 17:34:30時点 Amazon調べ-詳細)

「BEAT SABER」のフレームレート

BEAT SABERについて

軽いVRアプリの代表格として、BEAT SABERをテストします。

フレームレートは130fps以上出ています。快適に動作しています。

「Half-Life:Alyx」のフレームレート

Half-Life:Alyxについて

リッチな映像を描画するアプリとして、Half-Life:Alyxを動かします。

画質の設定は、「低画質」と「最高画質」の2点でリフレッシュレートを見ていきます。

いずれの設定にしても、フレームレートは90fps程度は出ており、十分快適にプレイできます。

「SteamVR Home」のフレームレート

SteamVR Homeについて

SteamVRを立ち上げると出てくるホーム画面です。SteamVRを起動する時には見ることになるので、ここが快適に動かなければ、ストレスを感じるでしょう。

フレームレートは100fps程度出ています。快適です。

「Asgard’s Wrath」のフレームレート

Asgard’s Wrathについて

Oculus Link発表時に、同時に発表された大作RPGです。重たいVRアプリの代表格です。

視野角「Normal」では、フレームレートは60fps程度しか出ません。視野角を「Small」にして、アプリの画質設定を「簡単」にして、やっとフレームレート72fpsが確保できる程度です。

体感的には、アプリの画質設定が「簡単」ならば、視野角「Normal」でもカク付くことなく使用できます。ROG Zephyrus S15はメモリーにもCPUにも余裕がありますので、体感的には引っかかるような表示になることもなく、快適に感じます。

フレームレート測定結果まとめ

Pimax 8k plusPotetoSmallNormal
BEAT SABER191fps189fps135fps
Half Life:ALYX 低画質101fps96fps95fps
Half Life:ALYX 最高画質95fps97fps89fps
SteamVR Home105fps95fps102fps
Asgard’s Wrath 簡単109fps80fps63fps
Asgard’s Wrath 高67fps57fps46fps

セルの色】水色:110fps以上、黄色:72~110fpsまで、赤:72fps以下

Pimax 8k plusのリフレッシュレートは72Hz、90Hz、110Hzから選べます。これを超えていると、PCが十分な描写性能を持っていると考えていいでしょう。

今回のテストしたアプリでは、Asgard’s Wrathでフレームレートに余裕が無くなっています。

まとめ

ROG Zephyrus S15でPimax 8k plusは使えるのか?

ROG Zephyrus S15でPimax 8k plusは十分使えます。

ROG Zephyrus S15は、ハイエンドモデルだけあって、Pimax 8k plusを動作させるだけの能力は持っています。ただし、Pimax 8k plusの能力を引き出せるかと問われると「No」となります。Pimax 8k Plusは、最大リフレッシュレートが110Hzです。ROG Zephyrus S15でフレームレート110fpsを出せるのは、軽いアプリに限られるようです。

体感的には、フレームレートは70fpsに満たない物の、Asgard’s Wrathで視野角「Normal」でプレイしても引っ掛かりもなく快適でした。

ただし、ROG Zephyrus S15は、メモリー・CPU共に余裕があるために、少々割り込みが入ろうとも、ゲーム中の動作の遅れが起きにくく、数字に表しにくい快適性があるようです。

created by Rinker
Pimax
¥168,300 (2021/01/19 18:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

<- 記事下 ->