OMEN X by HP 2S 15でPimax 8k Plusを使う ■Core i9-9880H /32GB /RTX2080MQ■

HP様より、ゲーミングブランド「OMEN」の中から、デュアルディスプレイを搭載したハイスペックモデル「OMEN X by HP 2S 15」をお借りしました。このハイエンドPCでPimax 8k Plusがどの程度楽しめるのか検証します。

テスト機:OMEN X by HP 2S 15-dg0010TX

今回お借りしたPCのスペックは下記の通り。このPCの性能を検証していきます。

modelOMEN X by HP 2S 15-dg0010TX
ディスプレイ15.6インチ FHD IPS液晶(1920x1080px、144Hz)
CPUIntel Core i9-9880H
8コア16スレッド・2.3GHz(TB 4.8GHz)
GPUNVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Q
8GB GDDR6
メモリ32GB
SSD512GB (NVMe/M.2、Intel Optane メモリーH10 対応)
HDDなし
電源230W
OSWindows10 Home 64bit

お借りしたモデルは、現行品と比べると液晶のリフレッシュレートが異なります。

このOMEN X by HP 2S 15が搭載しているRTX 2080 Max-Qはノートパソコン用としては最上位クラスです。

created by Rinker
HP
¥330,000 2021/1/16
定価¥399,800(税抜)、2021/1/16現在キャンペーン価格icon

Pimax 8k Plusを動かしてみる

Pimax 8k Plusを接続し、どれくらいの性能が出ているのかを確認していきます。目安として、PCが描けるフレームレートを用います。

フレームレートの観測方法

今回の検証では、Pimax 8k Plusのグラフィック設定は、変更しません。レンダリング解像度も100%のまま、動作保証もOFFにします。

Pimax 8k Plusの視野角の設定について

Pimax 8k Plusを接続する~配線の様子

OMEN X by HP 2S 15はDisplayPortを持たないので、USB Type-Cポートに変換アダプタ介してOculus Rift Sを接続します。

上の写真で使っているアダプタは、Cable Mattersのものです。

created by Rinker
¥1,699 (2021/07/27 20:07:31時点 Amazon調べ-詳細)

配線はシンプルです。

「BEAT SABER」のフレームレート

BEAT SABERについて

軽いVRアプリの代表格として、BEAT SABERをテストします。

フレームレートは100fps近くでています。快適にプレイできます。

「Half-Life:Alyx」のフレームレート

Half-Life:Alyxについて

リッチな映像を描画するアプリとして、Half-Life:Alyxを動かします。

画質の設定は、「低画質」と「最高画質」の2点でリフレッシュレートを見ていきます。

「最高画質」設定では、フレームレート72fpsを確保できていません。体感的には、引っ掛かりも感じず快適ですが、フレーム落ちしているためVR酔いの恐れがあります。

「SteamVR Home」のフレームレート

SteamVR Homeについて

SteamVRを立ち上げると出てくるホーム画面です。SteamVRを起動する時には見ることになるので、ここが快適に動かなければ、ストレスを感じるでしょう。

100fps程度は出ています。快適です。

「Asgard’s Wrath」のフレームレート

Asgard’s Wrathについて

Oculus Link発表時に、同時に発表された大作RPGです。重たいVRアプリの代表格です。

Asgard’s Wrathの画質の設定を「簡単」と「高」との2種類でフレームレートを観測します。

Asgard’s Wrathの設定を「簡単」にしてもフレームレート72fpsを確保できていません。

体感的にはちらつきや引っ掛かりは感じませんが、レンダリング解像度を下げるなど、根本的な対策が必要になります。

フレームレート測定結果まとめ

Pimax 8k plusPotetoSmallNormal
BEAT SABER115fps117fps106fps
Half Life:ALYX 低画質80fps100fps82fps
Half Life:ALYX 最高画質68fps76fps66fps
SteamVR Home100fps112fps98fps
Asgard’s Wrath 簡単61fps66fps55fps
Asgard’s Wrath 高47fps49fps38fps

セルの色】水色:110fps以上、黄色:72~110fpsまで、赤:72fps以下

Pimax 8k plusのリフレッシュレートは72Hz、90Hz、110Hzから選べます。これを超えていると、PCが十分な描写性能を持っていると考えていいでしょう。

今回のテストしたアプリでは、Asgard’s Wrathが全くフレームレートが出ていない等、芳しくない結果となりました。

まとめ

OMEN X by HP 2S 15でPimax 8k plusは使えるのか?

OMEN X by HP 2S 15でPimax 8k plusは性能を発揮できません。

Pimax 8k plusは解像感は高く映像はきれいなのですが、PCへの要求スペックが高いHMDです。

OMEN X by HP 2S 15の積んでいるGeForce RTX 2080 Max-Qは、本来ならば処理能力としては十分に持っているはずですが、フレームレートは奮わない結果となっています。

CPUは余裕があるため、引っかかるような動作は感じませんが、Pimax 8k Plusの高視野角は活かせないようです。

created by Rinker
Pimax
¥168,800 (2021/07/27 19:32:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HP
¥330,000 2021/1/16
定価¥399,800(税抜)、2021/1/16現在キャンペーン価格icon