Oculus Rift S フェイスクッションを買ったが、”思ってたんと違う”かった話

2019年9月13日

Oculus Quest用の接顔パーツ系が出始めました。同様に、Oculus Rift S用のフェイスクッションも出始めましたので、一つ購入してみましたが、”思ってたんと違う”商品でした。

スポンサーリンク

購入した物

購入したのは下記の商品。純正の接顔パーツはスポンジ状のクッションですので、汗とかすっちゃいます。このパッドを上に被せて、汚れを拭き取れるようになればいいなと思い、購入しました。

理想は、Oclus Quest用の下記のようなカバーですが、未だOculus Rift S用は見かけません。

内容物確認

送られてきた袋には、

  • クッション
  • 面ファスナー(片面は3Mの両面テープ付き)

が入っていました。

裏面は、クッションの方はふさふさとした面ファスナーのループ側ですね。面ファスナーのフック側の方は、裏面が3Mのテープが付いています。

見てすぐお気づきかと思いますが、クッションと、面ファスナーの大きさが全然違います。

形も異なっていますね。

面ファスナーを合わせてみる

純正のクッションの上から面ファスナーを合わせてみました。一回り大きいです。

面ファスナーのサイズミスではなく、使い方が間違っているようです。

写真は撮れていませんが、試しにギュッとスポンジを押し込むと、面ファスナーと接顔パーツの大きさがそろいます。

予想通りというか、なんというか、純正のスポンジを剥がして、張り替えるタイプの商品だったようです。

スポンサーリンク

クッションも合わせてみる

軽く、クッションの方も合わせてみました。形状としては、下の写真の矢印の部分が、純正品と異なります。

額の部分が直線状になっています。純正ヘッドバンドの取り外し時にアクセスしにくくなりますが、そもそもクッションを面ファスナー式に取り換えるのならば、問題ないのかもしれません。

他の商品を検討する

純正のクッションにカバーの上からかぶすものかと思って購入しましたが、交換を強いる商品でした。

純正の接顔パーツ

Oculusのサイトを見ると、接顔パーツ自身は、\3,700で売っています。

もし、交換に失敗しても、純正品を約\4,000で購入できる。という事ではありますが、安いとは言えませんね。

スポンサーリンク

他の商品

Amazonにて、他の商品を検討してみましたが、現状(2019/9/8)は、純正品のスポンジを交換するタイプの物のみヒットします。

どうも、上から被せるカバーは未だ出ていないようです。

交換作業

純正のスポンジを取り外す

純正の接顔パーツの下部分から、ゆっくりと粘着テープを外していくと、意外と簡単に外すことが出来ました。

外したスポンジの粘着面は下の写真です。この写真を撮るときに失敗して、写真右側の粘着テープがクチャっとなってしまいました。

スポンサーリンク

面ファスナーテープの貼り付け

付属の面ファスナーテープを合わせてみましたが、良い感じで合うようです。

左右均等に張り付けたかったので、下の写真の矢印の部分から張り付けていきました。

若干の貼り付け誤差(?)がある物の、はみ出ることなく貼ることが出来ました。

クッションの貼り付け

クッションは裏面が面ファスナーの受け側になっていますので、そのまま張り付けることが出来ます。

額の部分が、純正の接顔パーツと形状が異なります。この部分は心もとなく感じます。

また、鼻の部分でクッションがつながっています。

ちなみに、貧乏性なので、純正のスポンジは、今回使った面ファスナーのシールの台紙を張って保管しました。再利用することがあるのかは不明です。

着け心地

思ったよりも付け心地は良いです。

汗は殆ど吸収されません。逆に言うと、ウェットティッシュで拭いてあげれば綺麗になりそうです。

何より驚いたのは、鼻の部分からの光の漏れがかなり改善されます。

今まで、鼻の部分から覗き込んで、マウスやキーボード作業をしていたのですが、これが出来ません。

没入感は確実に上がるのですが、喜んでいいのやらなんなのやら・・・

スポンサーリンク

まとめ

今回、Oculus Rift S用のフェイスクッションを購入しました。

「純正品の上から被せて、衛生面の改善を図りたかった」という目的だったのですが、今回購入した物は、純正品のクッションを剥がして交換するタイプでした。

今回の失敗を踏まえて、商品を検索してみましたが、結果は下記の通りです。

ポイント

Oculus Rift S 用のクッションカバーは未だ販売されていない(2019/9/8現在)

下記のOclus Quest用のカバーのような物が出ればうれしいのですが。

また、思い切って交換したところ、

フェイスクッションの交換

・純正のクッションは思ったよりも簡単にはがせる
・今回購入したパーツは鼻の部分の
迷光をかなりカットできる

今まで、Ninjaマスクを使っていましたが、

使い終わった後に、ウェットティッシュで拭いてあげれば、ある清潔に保てそうです。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->