/* */

Oculus Quest コントローラ用のグリップストラップを買った話 Oculus Rift S

Oculus QuestやOculus Rift Sのコントローラはコンパクトで良く出来ていると感じますが、ボタンを押していない時に強く振るとすっぽ抜けそうに感じます。

今回、見た目がシンプルで見た目が綺麗なOculus Questのコントローラ用グリップストラップを見つけたので購入してみました。

購入したもの

グリップストラップのみのタイプの物です。

以前に買ったカバー

シリコンタイプ

一見使いやすそうに見えるのですが、強く振るとグリップ部分がずれてきます。私は白いタイプのセンサー部分のみ使用しています。壁や棚を殴ってしまった時の防御用には良いと思っています。

布タイプ

見た目は今一歩ですが、機能としてはとても優れています。持ちやすいし、ゴムバンドで手に固定するので、落ちることがありません。電池へのアクセスも簡単です。

内容物確認

説明書と本体のみが入っていました。

説明書は、一応日本語でも書かれています。

バンド部分。

作りはしっかりとしているように感じます。

マジックテープで二つのパーツを固定する形式です。

トップストラップ

ゴムの輪が付いた方がコントローラの上側に来ます。「KIWI」の刻印が入っていて、作りはしっかりとしています。

ボトムストラップ

こちらは、純正のストラップと交換して使用します。

下の写真の左側に金属棒が埋め込まれています。取り付け方は口述します。

取付方法

この商品は、純正のストラップと交換するタイプです。説明書には2パターンでの取り付け方が書いてありました。

パターン1

まずは電池の蓋を外します。

次に純正のストラップを外します。結構しっかりとはまっているのですが、何度かぐりぐりと動かすと、少しずつ移動させることが出来ました。純正のストラップも金属棒を巻き込んだ形状となっています。

「KIWI」と書かれた方が外に向くようにして、トップストラップ(ゴムの輪の付いた方)を、下の写真の部分まで通します。

純正のストラップが入っていた部分に、ボトムストラップをはめ込みます。この時、コントローラーのグリップボタンのある方に、マジックテープが来るようにします。

完成系がこちら。

ちょっとずれただけで、Oculusボタンと干渉します。個人的には、使いにくい印象です。

パターン2

ボトムストラップの付け方はパターン1と同様です。

トップストラップのゴムの輪の取り付ける位置が異なります。

下の写真の様に、センサー部分にストラップを通します。この場合も外側に「KIWI」の文字が来るようにします。

あとはボトムストラップとマジックテープで止めれば出来上がりです。

使用感

マジックテープをしっかりと締めると、それなりに固定されます。

逆に固定が甘いと、コントローラがすっぽ抜けそうで怖いです。

ちゃんと固定した場合、構造上、手をコントローラに押し付けた形での固定になります。そのため、トリガーの位置への人差し指の調整が出来ません。

見た目は良いのですが、使用者の手の大きさを選ぶのではないでしょうか。

シリコンカバーと併用はできるのか

上記のシリコンカバーのセンサー部分との併用が出来るのか試してみました。これは問題なく使えます。

見た目もそこまで悪くないのではないでしょうか。

当然、使用感は変わりません。

まとめ

今回、作りの良いグリップストラップを購入してみました。

結果、見た目は良いのですが、使い勝手は今一歩のようにかんじます。

見た目はともかく、機能的には下記のカバーの方が使いやすいでしょう。

こちらのカバーは、ゴムで手に固定されるので、手を開いてもコントローラが落ちることもありません。

個人的には、Beat Saberなどの動きのあるアプリでは、手の力が抜けても落ちないこのカバーの方が安心できるため、こちらを使っています。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->