Lenovo Legion Y540(15)でOculus Rift Sを使う ■Core i7-9750H /16GB /GTX1660Ti■

Lenovo様より、ゲーミングブランド「Legion」の中から、高コストパフォーマンスモデル「Legion Y540(15)」をお借りしました。

自然な光を表現する機能「レイトレーシング機能」は持たないものの、価格に対してフレームレートが出やすいGTX 1660 Tiを積んだこのノートPCで、どれくらいOculus Rift Sが楽しめるのか検証を行います。

テスト機:Legion Y540 (81SX0076JP)

今回お借りしたPCのスペックは下記の通り。このPCの性能を検証していきます。

modelLegion Y540
81SX0076JP
ディスプレイ15.6インチ FHD IPS液晶(1920x1080px、144Hz)
CPUIntel Core i7-9750H
6コア12スレッド・2.6GHz(TB 4.5GHz)
GPUNVIDIA GeForce GTX 1660 Ti
6GB GDDR6
メモリ16GB
SSD1TB (NVMe/M.2)
HDDなし
電源230W
OSWindows10 Home 64bit

このLegion Y540が搭載しているGTX 1660TiはRTX 2060と同等のフレームレートが出せるにも関わらず価格が控えめであり、高いコストパフォーマンスを誇ります。

created by Rinker
Lenovo
¥167,760 (2021/10/24 21:23:04時点 Amazon調べ-詳細)
Levono直販サイトEクーポン適応で¥111,190(税込み)(1/15まで)

Oculus Rift Sを動かしてみる

Oculus Rift Sを接続し、どれくらいの性能が出ているのかを確認していきます。目安として、PCが描けるフレームレートを用います。

フレームレートの観測方法

Oculusアプリのグラフィック設定を変更し、「パフォーマンスを優先」と「品質を優先」の両方でフレームレートをまとめます。

Oculus Rift Sのグラフィック設定について

Oculus Rift Sを接続する~配線の様子

Legion Y540(15)は背面にminiDPが付いています。Oculus Rift S付属のminiDP⇒DisplayPort変換アダプタをかませて、Oculus Rift Sを接続します。

配線はシンプルになりますが、隣のUSB端子と若干干渉します。

また、USB Type-Cのポートは、miniDP⇒DisplayPort変換アダプタが邪魔をして使えなくなる点は注意が必要です。

「BEAT SABER」のフレームレート

BEAT SABERについて

軽いVRアプリの代表格として、BEAT SABERをテストします。

フレームレートは250fps程度出ています。快適に動作しています。

「Half-Life:Alyx」のフレームレート

Half-Life:Alyxについて

リッチな映像を描画するアプリとして、Half-Life:Alyxを動かします。

画質の設定は、「低画質」と「最高画質」の2点でリフレッシュレートを見ていきます。

フレームレートは80fps以上出ており、快適に動作します。

「SteamVR Home」のフレームレート

SteamVR Homeについて

SteamVRを立ち上げると出てくるホーム画面です。SteamVRを起動する時には見ることになるので、ここが快適に動かなければ、ストレスを感じるでしょう。

フレームレート100fps程度は出ています。快適です。

「Asgard’s Wrath」のフレームレート

Asgard’s Wrathについて

Oculus Link発表時に、同時に発表された大作RPGです。重たいVRアプリの代表格です。

アプリの画質を高画質にすると、フレームレートがギリギリ80fpsに達しません。

Oculus Rift Sの設定を「パフォーマンスを優先」にすれば、快適に動作します。

フレームレート測定結果まとめ

Oculus Rift Sパフォーマンスを優先品質を優先
BEAT SABER252fps244fps
Half Life:ALYX 低画質110fps107fps
Half Life:ALYX 最高画質93fps86fps
SteamVR Home106fps105fps
Asgard’s Wrath 簡単121fps120fps
Asgard’s Wrath 高87fps78fps

【セルの色】水色:96fps以上、黄色:80~96fps、赤:80fps以下
※:Oculus Rift Sのリフレッシュレートの2割増し=96Hz、Oculus Rift Sのリフレッシュレート=80Hz

Oculus Rift Sのリフレッシュレートは80Hzです。これを超えていると、PCが十分な描写性能を持っていると言えます。

今回のテストしたアプリでは、ほとんどのアプリでフレームレート80fps以上が出ています。

まとめ

Legion Y540(15)でOculus Rift Sは使えるのか?

Legion Y540(15)でOculus Rift Sは十分使用できます。

元々Oculus Rift Sは解像度も低めですので、現行でのハイパフォーマンスモデルを使えば、何の問題もなく使用できます。

Legion Y540(15)は、スペック的にもOculus推奨スペックを満たしていますし、アプリの画質を求めなければ、十分VRを楽しめます。ただし、Asgard’s Wrathのような重たいアプリでは高画質化はフレーム落ちの原因となります。

CPUには余裕があるため、引っかかるような動作はありません。

created by Rinker
Lenovo
¥167,760 (2021/10/24 21:23:04時点 Amazon調べ-詳細)
Levono直販サイトEクーポン適応で¥111,190(税込み)(1/15まで)