Lenovo Legion Y740(17) でOculus Quest 2を使う  / Core i7-9750H /32GB /GeForce RTX 2080 Max-Q

2020年12月25日

Lenovo Legion Y740(17) で
Oculus Quest 2を使う
Core i7-9750H /32GB
GeForce RTX 2080 Max-Q

Lenovo様より、ハイエンドゲーミングノートPC「Legion Y740(17)」をお借りしました。

このLegion Y740(17)でOculus Quest 2がどの程度動くのか、検証しましたのでまとめます。

Legion Y740(17)

LenovoのゲーミングPCブランド「Legion」の名前を持つゲーミングPCの中でもフラッグシップモデルとなるのが「Yシリーズ」です。このLegion Y740は、Intelの第8世代CPUと第9世代CPUに対応したモデルでした。現状はLenovo公式サイトからは姿を消し、Amazon等でのみ、在庫分が販売されている状態です。

後継機は、Y750シリーズです。

テスト機のスペック

今回お借りしたPCのスペックは下記の通り。フラッグシップノートPCというだけはあるスペックを誇っています。

modelLegion Y740(17)
81UJ002MJE
ディスプレイ17.3インチ FHD IPS液晶(1920x1080px、144Hz)
CPUIntel Core i7-9750H
6コア12スレッド・2.6GHz(TB 4.5GHz)
GPUNVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Q
8GB GDDR6
メモリ32GB
SSD1TB (NVMe/M.2)
HDD1TB
電源230W
OSWindows10 Home 64bit(英語)

スペックの詳細は下記にレビューを書きました。ご参考までに。

Oculus Quest 2を動かしてみる

Oculus Quest 2を接続し、どれくらいの性能が出ているのかを確認していきます。目安として、PCが描けるフレームレートを用います。

フレームレートの観測方法

Oculusアプリのグラフィック設定を変更し、レンダリング解像度の設定を最小値「0.7x」と標準値「1.0x」と、最高値「1.3x」に設定して、各々のフレームレートをまとめます。

Oculus Quest 2のグラフィック設定について

Oculus Quest 2を接続する~Oculus Linkの配線の様子

Legion Y740(17)には、左側にThunderbolt3ポートが付いています。ここにOculus Linkケーブルを接続すればOK。

Thunderbolt3ポートなので、通信速度も充電も高速ですので、エンドレスでOculus Linkが使えます。

「BEAT SABER」のフレームレート

BEAT SABERについて

軽いVRアプリの代表格として、BEAT SABERをテストします。

フレームレートはいずれも200fps以上と、快適にプレイできます。

「Half-Life:Alyx」のフレームレート

Half-Life:Alyxについて

リッチな映像を描画するアプリとして、Half-Life:Alyxを動かします。

画質の設定は、「低画質」と「最高画質」の2点でリフレッシュレートを見ていきます。

いずれの設定でも72fpsを超えています。十分快適にプレイできます。解像度1.0xにして、Oculus Quest 2のリフレッシュレート90Hzを狙えば、より快適にプレイできます。

「SteamVR Home」のフレームレート

SteamVR Homeについて

SteamVRを立ち上げると出てくるホーム画面です。SteamVRを起動する時には見ることになるので、ここが快適に動かなければ、ストレスを感じるでしょう。

グラフィック設定を品質を優先にしても90fps程度は出ています。快適にプレイできます。

「Asgard’s Wrath」のフレームレート

Asgard’s Wrathについて

Oculus Link発表時に、同時に発表された大作RPGです。重たいVRアプリの代表格です。

Oculus Quest 2のレンダリング解像度を高めると、フレームレートが72fps確保できません。

レンダリング解像度設定0.8x辺りで、アプリの画質を中画質程度として、72fpsを確保したいところです。

フレームレート測定結果まとめ

Oculus Quest 2解像度0.7x解像度1.0x解像度1.3x
BEAT SABER476345248
Half Life:ALYX 低画質1709795
Half Life:ALYX 最高画質1079777
SteamVR Home1239497
Asgard’s Wrath 簡単1388059
Asgard’s Wrath 高886340

セルの色】水色:90Hz以上、黄色:72Hzから90Hzまで、赤:72Hz以下

Oculus Quest 2のリフレッシュレートは72Hz、80Hz、90Hzから選べます。少なくともPCのフレームレートが72fpsを超えていると、PCが十分な描写性能を持っていると言えます。

今回のテストしたアプリでは、Asgard’s Wrath以外では、72fpsを超えています。

Legion Y740(17)はOculus Questの映像を十分に描き切れますが、最高画質は難しそうです。

もっとも、個人的には、Oculus Questのレンダリング解像度設定は1.0x以上に上げても、解像感の向上は少ないと感じています。実際に使う分には、十分な性能を持っていると言えるでしょう。

まとめ

Legion Y740(17)でOculus Quest 2は使えるのか?

Legion Y740(17)でOculus Quest 2は十分使えます。

Oculus Quest 2の最高画質は、ハイエンドノートPCであるLegion Y740(17)であっても、描き切れないようです。

とは言え、Oculus Quest 2はディスプレイの解像度が上がって、粒状感を感じにくくなっています。レンダリング解像度の設定を多少下げても十分実用に耐えるでしょう。

なお、Legion Y740(17)はメモリーも32GB積んでいますし、「Asgard’s Wrath」も難なく動作します。高画質設定ではフレーム落ちを起こしますので、レンダリング解像度設定を低めに設定することをお勧めいたします。

OculusQuest2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—64GB
Oculus