Oculus Quest 2:サードパーティ製フェイスクッションが衛生的な話

Oculus Quest 2のフェイスクッションは、スポンジ状の素材で出来ています。クッション性はよく、通気性も良いため、レンズが曇りにくいとかの利点はあるものの、汗をかいた時の衛生面がちょっと気になるところです。

そこで、取り外しが楽にできるフェイスクッションを購入しました。

購入した物:SHEAWA Oculus Quest 2 フェイスクッション

この商品は、PU生地とライクラ生地との2種類から選べます。私が購入した物は、PU生地のものです。

表面が汗を吸収式にくい素材ですので、ウェットティッシュなどでサッとふき取れば、いつも清潔に保てます。

純正フェイスクッションのようなスポンジ状のものは、使い心地は良いのですが、肌が弱い私にとっては、頻繁にふき取った方が、肌へのストレスは低くなります。

裏面は、純正品と同じ形状に見えます。

純正フェイスクッションとの比較

サイズは、純正のフェイスクッションと同じです。

左:SHEAWA製、右:Oculus純正
上:SHEAWA製、下:Oculus純正

厚さは、若干Oculus純正の方が厚く感じます。が、純正の方がクッション性が高いため、使っている時には同程度の厚みになっていると推測できます。

取り付けてみる

まずは、純正品の写真がこちら。

今回購入したSHEAWA製フェイスクッションがこちら。見た目は、それほど変わりません。

汗を吸いにくい素材なので、通気性は犠牲になります。具体的には、レンズが曇りやすくなります。

取り外しが出来るクッション部分

一番のメリットは、クッション部分の取り外しが出来る点でしょう。

プラスチック部分と、クッション部分の間は、面ファスナーで張り付けてあるだけなので、簡単に付けたり外したりすることが出来ます。

個人的に、Oculus Rift Sで似たような商品を使っていますが、「使い終わったら、ウェットティッシュでふき取る。定期的にクッション部分だけ洗うという使い方をしています。

これは衛生的。

まとめ

Oculus Quest 2の取り外しが簡単なフェイスクッションを購入しました。

SHEAWA Oculus Quest 2 フェイスクッション

〇汗を吸わないので、ウェットティッシュでふき取ることによって、衛生的に使える
〇クッション部分だけの取り外しが出来るので、クッション部分だけ洗える
×汗を吸わないので、レンズが曇りやすくなる

汗を吸いにくいので、不快に感じるかもしれませんのでご注意を。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)は、直接顔に付けるものですので、衛生面は気にしたいところですね。

個人的には、ジメッとしたクッションを付け続けるより、汗をサッとふき取ってすっきりした気持ちで使った方が好みです。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->