/* */

QooCam 8kレビュー:QooCam 8kの充電事情

2020年2月16日QooCam 8k

10万円でおつりがくる8k画質360度カメラ「QooCam 8k」は、充電しながらの撮影が出来るとされています。

では、その充電能力はどれくらいあるのでしょうか。調べてみましたのでまとめます。

QooCam 8kとは

一般人向けに販売されているカメラで唯一の8k画質の動画が撮影できるカメラです(2019/2/7時点)

私は事前予約をして購入しました。

GoProやInsta360ブランドが出しているカメラが5.7k画質にとどまっているのに対して、このカメラは8k画質となっています。

8k画質になったことで、視力換算0.4程度の画質が得られます。詳しくは、下記の記事にまとめています。ご参考までに。

準備したもの

充電能力を調べるにあたって、実際に充電を行って、その時の電圧と電流を調べました。

USBテスター

電流と電圧は、安価で多機能なタイプのテスターを使用して調べています。

精度は不明ですが、相対比較はできるでしょう。

ケーブル

USB Type-Cケーブル

下記の記事で紹介したAKiTiO NodeについてきたThunderbolt3ケーブルを使用します。

最大100Wの供給能力があるので、このケーブルがボトルネックとなることはありません。

USB type-C / USB type-Aオス ケーブル

KANDAO純正ケーブルおよび、一般のUSB3対応のケーブルを使って検証します。

モバイルバッテリー

USB Type-Aタイプ

モバイルバッテリー 小型 軽量 13800mAh 携帯バッテリー 大容量 コンパクト (PSE認証済) LCD残量表示 鏡面仕上げデザイン 持ち運び便利 急速充電 ミニ 携帯充電器 ipad/iPhone/Android 機種対応 出張 旅行 地震防災 アウトドア活動 黒
Lakko

小型大容量だけど、USB Type-Aしか出力がないバッテリーです。

電圧5V、2Aの供給能力があるので、USB Type-Aとしては十分な性能です。

RAVPower type-c 26800mAh

重くデカい、PD対応の大容量バッテリーです。

かなり使い込んでいます。

  • Type-Cポート:5V/3A、9V/2A、12V/2.4A、15V/2A、20V/1.5A
  • Type-Aポート:5V/2.4A

と、給電モードも豊富です。

充電器:Anker PowerPort I PD

PD対応の充電器です。給電モードも下記の通りと必要十分です。

  • Type-Cポート:5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A
  • Type-Aポート:5V/2.4A

QooCam 8kを充電してみる

バッテリーや充電器から共有される電力を見ていきます。

USBポートからQooCam 8kに供給される電力は、QooCam 8kの電源のON/OFF、録画の有無問わず一定のようです。

なお、数字は有効数字2桁で記載いたします。

小型バッテリー

まずは、小型タイプのバッテリーから試してみます。

給電元USBポート電圧電流電力
小型バッテリーType-A5.0V1.8A9.0W

小型のバッテリーでも2A対応モデルであれば、そこそこの電力の供給が出来ています。

RAVPower type-c 26800mAh

USB Type-C

給電元USBポート電圧電流電力
RAVPower製バッテリーType-C5.1V2.0A10.2W

USB Type-Cでの供給が出来るのならば、給電能力は1割増しの10W程度になります。

USB Type-A

給電元USBポート電圧電流電力
RAVPower製バッテリーType-A5.1V1.8A9.2W

USB Type-Aで給電する場合、小型のバッテリーと同じですね。

Anker製充電器

USB Type-C

給電元USBポート電圧電流電力
Anker製充電器Type-C5.0V2.2A10.9W

RAVPowerのバッテリーのType-Cポートよりも、更に1割増しの、約11Wまで供給できます。

USB Type-A

給電元USBポート電圧電流電力
Anker充電器Type-A5.2V1.8A9.4W

USB Type-Aでは、モバイルバッテリと供給能力は変わりません。

KANDAO純正USB Type-Aケーブル

給電元USBポート電圧電流電力
Anker充電器
KANDAOケーブル
Type-A5.2V1.8A9.4W

ケーブルを代えても充電能力は変わらないようです。

まとめ

QooCam 8kを充電するにあたり、ケーブルや電源を代えて、充電状況を見てみました。

結果は下記の通りでした。

給電元USBポート電圧電流電力
小型バッテリーType-A5.0V1.8A9.0W
RAVPower製バッテリーType-C5.1V2.0A10.2W
RAVPower製バッテリーType-A5.1V1.8A9.2W
Anker製充電器Type-C5.0V2.2A10.9W
Anker製充電器Type-A5.2V1.8A9.4W

なお、今回メインで使用したケーブルと、KANDAO純正ケーブルの給電能力に差はありません。

以上をまとめると、次のようになります。

QooCam 8kの充電能力

  • USB Type-Cを使っても電圧は5Vで固定
  • USB Type-Aからの供給よりも、USB Type-Cからの供給の方が1割ほど充電能力が上がる

5V / 2Aが供給できるモバイルバッテリーであれば、QooCam 8kの充電能力は十分発揮できるようです。

この状態でも本体の電池残量が減っていくようならば、電源供給能力がボトルネックとなり、長時間の録画は出来ないカメラ、ということになるでしょう。

次回は、このあたりの検証を行っていきたいと考えています。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->