/* */

QooCam 8kレビュー:8k画質の360度カメラ開封の儀

2020年1月26日360度カメラ,QooCam 8k

8k画質360度カメラ「QooCam 8k」が手に入りました。

早速開封しました。まだ撮影まではしていません。今回は感想まで。

QooCam 8kとは

一般人向けに販売されているカメラで唯一の8k画質の動画が撮影できるカメラです(2019/2/7時点)

私は事前予約をして購入しました。

GoProやInsta360ブランドが出しているカメラが5.7k画質にとどまっているのに対して、このカメラは8k画質となっています。

8k画質になったことで、視力換算0.4程度の画質が得られます。詳しくは、下記の記事にまとめています。ご参考までに。

内容物確認

DHLを使っての発送でした。

梱包状況

ビニールの袋を開けてみると、本体と自撮り棒とで段ボールが2つ入っていました。

日本の過剰梱包に慣れていると、かなり心配になるレベルの梱包です。

なお、自撮り棒は先行予約特典です。

自撮り棒側

自撮り棒については、下記の記事にまとめました。ご参考までに。

本体側

段ボールの中には、プチプチにくるまれた本体のケースが入っていました。プチプチのおかげて動くことのない程度に固定はされていたようです。

ケースを開けると、本体が鎮座しています。

本体の裏側には、シリコンカバーが隠れていました。うまいこと梱包されています。

内容物は、以下の通りでした。

  • カメラ本体
  • 保護ケース(シリコンケース)
  • 保護カバー
  • ストラップ
  • 説明書・保証書
  • ステッカー
  • ケーブル類(USB Type-C/USB Type-C・ USB Type-C/microUSB・ USB Type-C/USB Type-A)

こちらはさすがに何も問題なさそうです。

なお、microSDカードスロットには、何も刺さっていません。

QooCam 8kは本体に64GBの容量を内蔵しています。microSDカードなしでも駆動できるのはありがたいです。

説明書

説明書は日本語でも書かれています。

保護ケース

QooCam 8kは左右対称の構造にはなっていませんので、保護ケースにも向きがあります。

プレビューモニターに近い方の開口部分を見てあげると、取り付ける向きが分かりやすいです。

なお、下の写真のように、QooCam 8kのレンズ側はスリット上になっているので、一度保護ケースをはめると動かしにくくなっています。

レンズ上部の、本体の穴と、ケースの穴をそろえてあげるように、この部分からはめてあげると上手くはまりました。

ストラップ

ストラップは、1/4ネジに回しこむタイプのものが付いています。三脚との併用はできません。

サイズ感

数字で見るよりも、並べてみた方が分かりやすいでしょう。

左上がInsta360 EVO、その下がGoPro Fusion、後は順に、QooCam、QooCam 8k、Vuze XRです。

この中では、QooCam 8kのレンズの大きさが特徴的です。

サイズ感的には、Vuze XRと同じくらいでしょうか。並べてみました。

Vuze XRの方が長く、QooCam 8kの方が薄いことが分かります。

レンズ開口部のイメージ

Insta360 EVOと並べてみました。レンズ部分の直径自身が倍ほども違うことが分かります。

レンズ越しに見えている開口部を目測で測ってみました。

QooCam 8kは12mm程度です。

Insta360 EVOは6mm程度、やはり倍くらい違います。

開口部が大きいということは、それだけ光が取り込めるということにつながるので、画質向上が見込めます。

電源を入れてみた

バッテリーは初めからほぼ満タンになっていました。

電源を入れると、シャーっというファンの音が聞こえます。プレビュー画面の横の斜めのスリットがファンの開口部になっているようです。

さすがに8k画質で録画するとなると、発熱の処理が難しかったのでしょう。

QooCam 8kはマイク端子を持っていますが、外部マイクを使用しなければ、ファンの音を拾ってしまうのではないでしょうか。その辺りの処理がどうなっているのか気になるところです。

なお、プレビューはかなりヌルヌルと動かせます。拡大縮小も視野の方向もスムーズです。

まとめ

8k画質での録画ができる360度カメラ「QooCam 8k」を購入しました。

手持ちの360度カメラの中では最大級の画素数を誇るだけあり、レンズが大きいことが特徴的です。

購入し見てわかったことは、ファンを内蔵しているということです。静かな部屋ではそこそこファンの音が気になりました。

実際に撮影した時にどうなるのかは気になるところですが、音にこだわるのならば、外部マイクありきでの使用になるのかもしれません。

個人的には、下記のVRマイクを使用しているのですが、これは映り込みそうですね。運用は考えないといけないようです。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->