/* */

QooCam 8kレビュー:長時間録画を試す その2「microSDを使い切る!」

QooCam 8k

8k画質で録画ができる360度カメラQooCam 8kは、公称では約45分の連続録画ができるとしています。

実際にどれくらいの録画が出来るのか、試しています。前回は、内臓メモリーの残量不足で30分強までの録画の確認でした。今回は、256GBのmicroSDカードで試してみます。

QooCam 8kとは

中国KANDAO社による、8k画質で録画が出来る360度カメラです。

GoProやInsta360が5.7k画質に対して、8k画質と解像度で優位に立っている商品です。

目的

前回のまとめ

前回は、内臓メモリー優先の設定で、長時間の録画を行いました。

結果わかったことは、下記の通りです。

QooCam 8kの長時間録画

  • 外部給電が出来ていると、内臓バッテリーの残量は変化しない(要追加確認)
  • USB2ケーブルでもPD対応ならば、十分給電できる
  • 内臓メモリーと、microSDは自動では切り替わらない
  • メモリーの残量が2GBを切ると、動画撮影が中断される恐れあり

詳細は下記の記事にまとめています。ご参考までに。

今回の目的

今回は、最大録画時間を探る、その一点に特化して調べます。

  • microSD優先で、出来る限り長く録画を続ける

撮影状態

今回は、録画ボタンを押して、一晩放置しました。もちろん、給電はしています。

これで、何もエラーがなければ、メモリーが無くなるまで録画し続けるはずです。

QooCam 8k

録画時のQooCam 8kの状態を記載いたします。

バージョン
firmwareバージョン62
WiFiOFF
録画モード8k@30fps 10bit
ファンAuto
優先メモリーmicroSDカード優先
内臓メモリー22.6GB使用済み
残り34GB
microSDカード256GB
11GB使用済み
残量227GB
録画開始時のバッテリー98%

今回の録画時には、スマートフォンとの接続はしていません。スタンドアロンで動いていますので、タッチパネルは表示されっぱなしです。

microSD:SanDisk Extreme PRO 256GB

microSDカードは、SanDiskのExtreme PROを使用しました。UHS-1 U3規格で、書き込み90MB/sを謳っています。QooCam 8kの実質の書き込みが20MB/s弱なので、粗悪品でない限り問題はなさそうです。

実際の書き込み速度の見積は、下記の記事にまとめています。ご参考までに。

USBケーブル

マグネット形式の充電ケーブルです。

PDには対応していますが、USB3には対応していません。QooCam 8kとスマートフォンとの接続は出来ません。

充電器:Anker PowerPort I PD

PD対応の充電器です。USB Type-Cの端子を使いました。

撮影結果

寝る前に録画をスタートさせて、起きた時の状態が下の写真です。

左上のLEDが青色で点滅していました。

メモリー残量は0.52GB、充電残量は98%です。

なお、この状態では、タッチパネルの裏側のLEDも青色に点滅しているようです。

録画ボタンを押すと、「Out of Memory」の文字が出ます。

バッテリー残量メモリー残量
録画前98%227.3GB
録画後98%0.52GB

録画出来た時間

PCに接続してみます。残量は535MBと表示されています。ギガ表示ではない程度には使い切っています。

今回の録画でできたファイル数は、114ファイル。最後のファイルが0kBなので、実質113ファイルです。

全ファイルの容量は、226GBと、2GB × 113ファイルという計算と合致します。

実質録画出来た時間は、

2分 × 113ファイル = 226分 = 3時間46分

と、長時間の録画が出来ました。

もともと約10分ほどの録画ファイルが入っていたことを考えると、256GBのmicroSDカードで約4時間の連続録画が出来るでしょう。

まとめ

QooCam 8kは公称45分の録画が出来るとしていますが、しっかりと給電してあげると、microSDカードの限界まで録画が出来ることが確認できました。

前回の結果を踏まえて、QooCam 8kでの長時間録画の特徴は下記の通り。

QooCam 8kの長時間撮影

  • 外部給電が出来ていると、内臓バッテリーの残量は変化しない(要追加確認)
  • USB2ケーブルでもPD対応ならば、十分給電できる
  • 内臓メモリーと、microSDは自動では切り替わらない
  • メモリーの残量が2GBを切ると、動画撮影が中断される恐れあり
  • 給電をしていれば、microSDの限界までの長時間撮影が出来る

冬場の寒い部屋で、一晩放置という環境下ではあったので、発熱時の挙動は確認できていませんが、約4時間の連続撮影が出来ると考えると、vlogカメラとして優秀なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->