/* */

【京都散策】北野天満宮 Insta360 EVO×2台撮影 [VR180+α, 3D, 5.7k, 3D audio]

Insta360 EVOを2台使って、360度3D動画が作れるかどうかのテスト動画です。

北野天満宮の梅林を散策しました。紅葉前、梅も剪定前とあって物寂しい雰囲気でした。

[3D 5.7k] Kitano-Tenmangu Shrine [VR180+alpha, 3D audio]

今回は自撮り棒も活用し、背後の撮影者を少し離しました。撮影者は黒く塗りつぶしていますが、塗りつぶす範囲が減り、大分360度3D動画っぽい物になりました。

ただ、自撮り棒のために、安定して持てていないようで揺れが大きくなっています。3D酔い注意です。

VRゴーグルで視聴されると立体に見えますので、是非VRゴーグルで視聴ください。

音声も頭の動きに追従します。

YouTube

撮影機材など

撮影機材
カメラ:Insta360 EVO 5.7k(30fps)× 2台
ジンバル:ZHIYUN crane m2
マイク:ZOOM H3-VR
BGM 「花よ川よこの大地よ」http://www.hmix.net/
使用ソフト ・Insta360 Studio 2019
・Premiere Pro
・After Effects

Google Map

動画を撮影した場所

北野天満宮の境内から、梅園を歩いています。

雑感

2019年10月に撮影しました。

さて、今回も映像はInsta360 EVOを前後の2台・音声はZOOM H3-VRという構成で撮影しました。

今回は、ジンバルに自撮り棒を付けて、カメラから撮影者(私自身)を離して撮影してみました。撮影者を消す範囲は狭くなり、360度3D動画っぽくなってきたかと思っています。

残件としては、やはりステッチと2台のカメラの露出調整でしょうか。太陽光が入った方のカメラの色飛びが激しいですね。HDRモードで撮影すれば多少ましになるのかもしれませんが、Insta360 EVOは電源を切ると設定が戻ってしまうといった欠点があります。

撮影の度に2台の設定を、それぞれスマートフォンに接続していじる、というのは、ちょっとハードル高いですね。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->