Insta360 EVO対応アクセサリー まとめ

2019年7月10日

Insta360 EVO用を謳っているアクセサリーを調べています。まだまだ種類は少ないですが、販売店の商魂の逞しさがちょっと面白く感じてしまったので、紹介します。

スポンサーリンク

純正アクセサリー

公式サイトに載っている純正アクセサリーは3つだけです。初期からアウトドア用三脚が追加されました。幅広に出来るミニ三脚です。純正である必要は無い物の、撮影時の転倒防止に良いように思います。

自撮り棒

Insta360 One Xの物と同じです。EVO専用というわけではありませんが、360度撮影時には、撮影後の処理で自撮り棒が確実に消えるという点で使う価値があるでしょう。

Insta360アウトドア三脚

現状(2019/7/4)では、Amazon・楽天でも取り扱い無し。公式サイトでのみ購入できるようです。

スポンサーリンク

Holoframe

現在(6/10)Galaxy S9 S9+のHoloframeも発売されています。iPhone XR, XsMaxも在庫が出来たようですが、X, XsはAmazonには在庫があるようです。

下記の記事でまとめています。ご参考までに。

サードパーティー製アクセサリー

先日までは、AmazonでもEVO用を謳うアクセサリーは無かったのですが、徐々に出てきています。

EVO専用という物はまだ無いのですが、そこに販売店の凄さを感じます。

【定番】Insta360 EVO 保護ケース シリコンケース

アクションカメラの定番の、シリコンケースです。

レンズも含めて覆い被せるタイプですが、これがあれば、移動時のレンズ破損の心配がかなり軽減されるのではないでしょうか。

実際に付けてみたイメージを下記の記事にまとめました。ご参考までに。

スポンサーリンク

バッテリー内蔵型の自撮り棒

5200mAhの大容量バッテリーを内蔵した自撮り棒です。Insta360 EVOは充電しながら撮影が出来るので、重宝しそうです。重さも263gとバッテリー容量を考えると妥当な値。

バッテリーの交換が出来ないInsta360 EVOには良い商品ですね。

特にEVOに特化した商品でもなさそうです。

個人的には、これを買うならもう少し奮発して、後述します電動3軸ジンバルを買った方が有用だと思います。

バックパック固定金具

全然”Insta360 EVO用”では無いですね。写真の無理矢理感が凄いです。質が違うのかもしれませんが、下の商品で十分なのでは?

スマートフォン用ホルダー付きカメラ用雲台

Insta360 EVOの下にスマートフォンを固定出来る雲台+ミニ三脚のセットです。EVO専用というわけではありません。

180度3D写真・動画を確認しながら撮るには良いですね。

(追記:2019/7/3)既に自撮り棒やジンバルを使っている場合、下記のようなスマホ固定アタッチメントの方が使い安そうですね。取り敢えず買ってみました。映り方を確認しながら撮影できるのは良いですね。ただ、ジンバルを使用するようになってからはサイズが合わないため使わなくなりました。

スポンサーリンク

自転車 固定ブラケットアクセサリー

Insta360 EVOは手振れ補正も秀逸ですので、こういう使い方は臨場感が出て良いように思います。

とは言え、この商品は、取り敢えずEVOを付けて写真を撮りました感が凄いです。自転車に取り付けた写真は完全に合成ですね。

Insta360 EVO用ケース

耐衝撃ケースが出ていました。

個人的に思うのは、何故レンズ上向きなのに、小物をカバー側にしまう設計になっているのでしょうか。
外からの衝撃に耐えれても、中で備品が暴れればレンズが傷つきそうです。

専用ではないけれど、お勧めアクセサリー

スポンサーリンク

スマートフォン用電動3軸ジンバル「Snoppa Atom」

私が実際に使っているジンバルです。Insta360 EVOでもジンバルを使って揺れを抑えて撮影した方が綺麗な動画が撮れます。

グリップ付き一脚

created by Rinker
スペックコンピュータ株式会社
¥499 (2019/07/21 05:49:24時点 Amazon調べ-詳細)

下記の記事にも書きましたが、Insta360 EVOにジャストフィットです。作りは値段相応ですが、ワンコインですし、一つ持っていては如何でしょうか。

(蛇足)発熱対策

気温が上昇してきたため、長時間録画をしていると本体が非常に発熱しています。

4k画質を超える映像を、小さなボディー内で処理・記録しているのですから、当然と言えば当然です。

ちょっと面白い商品を見付けましたので、購入・納品待ちです。

ドスパラの商品が、ペルチェ素子でガンガンに冷やしてしまうと言うものです。

ペルチェ素子というのは、電気の力で熱を表から裏に移動させる特性を持つ素子です。気温よりも冷たくなるんです。原理は「ゼーベック効果」で検索してみると良いでしょう。

Amazonでは、サンワダイレクトの商品くらいしか見当たりませんが、ここまでの大きさは必要ないです。

屋外で、ガジェットの粗熱を取る用途としても、1台あって良い物ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

純正アクセサリーが少ないInsta360 EVOですが、Amazonを見ていると、大分”EVO対応”を謳う物が出てきました。

少しずつ良い商品も出てきています。

個人的には、欲しかったレンズを守るシリコンケースが出たので発注済み。後は、本体だけが入るような小型の運搬用のケースが早く出て欲しいところです。


関連コンテンツ