ASUS VivoBook S15でOculus Questを使う ■Core i7-1165G7 /16GB /RTX3060Ti(eGPU)■

ASUS様よりASUS VivoBook S15をお借りしました。「ジブン色で、進め。」をコンセプトとした、コンパクトなノートPCです。

CPUに第11世代Intel Coreシリーズを積んだモデルのVivoBook S15は、Thunderbolt4ポートを備えています。Thunderbolt4とGPUボックスを接続してOculus Questがどの程度楽しめるかどうかを検証していきます。

テスト機:ASUS VivoBook S15 S533EA (S533EA-BQ032TS)

今回お借りしたPCのスペックは下記の通り。このPCの性能を検証していきます。

modelASUS VivoBook S15 S533EA
S533EA-BQ032TS
CPUCore i7-1165G7
4コア8スレッド 2.8GHz(TB 4.7GHz)
GPUCPU内臓GPU(Iris Xe Graphics)
メモリ16GB
SSD1024GB
HDDなし
電源65W
OSWindows10 Home 64bit

用意した物:Razer Core X

項目Razer Core X
メーカーRazer
サイズ(高さx横x奥行き)(mm)230x168x374
内寸(mm)160x57x330
内蔵電源650W

電源能力が650Wと高めのGPUボックスです。これにRTX 3060 Tiを差してテストします。

Razer Core Xには、Thunderboltケーブルが付属しません。今回は下記のケーブルを用いてテストを行いました。

Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 ケーブル (0.7m ブラック)【100W出力 / 40Gbps / 高速データ転送 / 4K対応 / 5K対応】MacBook iPad Pro 他対応
created by Rinker
Anker
¥3,090 2021/01/19 23:45:03

GIGABYTE GV-N306TGAMING OC-8GD

GIGABYTE製のRTX 3060 Tiです。GIGABYTEのモデルの中では中の下と言ったモデルです。

Oculus Questを動かしてみる

Oculus Questを接続し、どれくらいの性能が出ているのかを確認していきます。目安として、PCが描けるフレームレートを用います。

フレームレートの観測方法

Oculusアプリのグラフィック設定を変更し、レンダリング解像度の設定を最小値「0.8x」と標準値「1.0x」と、最高値「1.3x」に設定して、各々のフレームレートをまとめます。

Oculus Questのグラフィック設定について

Oculus Questを接続する~Oculus Linkの配線の様子

ASUS VivoBook S15は、左側にThunderbolt4ポートが一つ付いています。

ここに、GPUボックスをつなげます。結果、GPUボックスでUSB Type-Cはふさがってしまうため、Oculus Quesetを接続する際には、USB Type-Aのポートを使うことになります。ASUS VivoBook S15のUSBは、左側のポートがUSB3.2対応、右側がUSB2.0です。出来れば左側を使いたいですね。

左側:USBはUSB3.2対応。

USB Type-A/Type-Cのタイプのケーブルを使うか、下記のようなアダプタをかませる必要があります。

ASUS VivoBook S15のUSB Type-Aは合計3つありますが、全て2.5W程度の給電能力です。

右側の給電能力2.5W程度、USB2.0のため高速通信は出来ない。
左側の給電能力2.5W程度。USB3.2対応、高速通信が出来る。

Oculus Linkを使用していると、徐々にOculus Quesetのバッテリーは減っていきます。長時間使用したい場合は、満充電状態から使用した方が良いでしょう。

Oculus Questのバッテリーの減りの検証

「BEAT SABER」のフレームレート

BEAT SABERについて

軽いVRアプリの代表格として、BEAT SABERをテストします。

フレームレートは200fps以上。かなり余裕があります。

「Half-Life:Alyx」のフレームレート

Half-Life:Alyxについて

リッチな映像を描画するアプリとして、Half-Life:Alyxを動かします。

低画質設定

低画質設定ではフレーム落ちは発生していません。ただ、解像度を1.3xにすると、テクスチャーが間に合わず、ノペッとした絵が表示されることがあります。現実的には解像度1.0x程度が無難でしょう。

最高画質設定

最高画質設定としても、傾向は同じです。フレーム落ちは発生していませんが、解像度1.3xではテクスチャーが間に合わないことがあります。

「SteamVR Home」のフレームレート

SteamVR Homeについて

SteamVRを立ち上げると出てくるホーム画面です。SteamVRを起動する時には見ることになるので、ここが快適に動かなければ、ストレスを感じるでしょう。

フレームレート90fps以上は確保できています。快適に動作します。

「Asgard’s Wrath」のフレームレート

Asgard’s Wrathについて

Oculus Link発表時に、同時に発表された大作RPGです。重たいVRアプリの代表格です。

Asgard’s Wrathの推奨CPUはIntel Core i7 7700以上となっています。CPUのベンチマークアプリ「Cinebench R20」の結果を比べてみると、下記の通り。

ASUS VivoBook S15のCPUは、Asgard’s Wrathの推奨性能に達していません。これを前提に、フレームレートを確かめてみます。

画質「簡単」設定

フレーム落ちなくプレイできます。解像度1.0xではまだ余裕を感じます。十分プレイできます。

画質「高」設定

Oculus Questのレンダリング解像度設定「0.8x」ならば、フレームレート72fpsを保っていますが、CPUに他の作業が入った瞬間にカクカクしたりと、おススメできません。

アプリの画質設定は、「簡単」でプレイする方が良さそうです。

フレームレート測定結果まとめ

レンダリング解像度の設定毎に、結果をまとめます。Oculus Questの画面は粒状感(スクリーンドア効果)があるために、レンダリング解像度の上昇による映像の向上は少なく感じます。

現実的には、標準設定でフレーム落ちが発生しなければ、十分に使用できると考えていいでしょう。

標準設定(4128 x 2272)

PCのOculusアプリのレンダリング解像度設定を中央の「1.0x」(解像度:4128 x 2272)のままで、各アプリのフレームレートを測定しました。

Asgard’s Wrathの画質設定「高」の時にフレーム落ちが発生しています。アプリの高画質化を狙うにはCPU性能がネックとなっています。

フレームレート狙い設定(3104 x 1712)

PCのOculusアプリのレンダリング解像度設定を最小の「0.8x」(解像度:3104 x 1712)とし、フレームレートが一番高くなる状態で測定しました。この設定では、高圧縮のかかった動画を見ているような、モヤっとした絵作りとなりますが、動作は安定します。

どのアプリも余裕を持って動作します。アプリを高画質設定にしてもフレーム落ちは発生していません。

高画質狙い設定(5408×2976)

PCのOculusアプリのレンダリング解像度設定を最大の「1.3x」(解像度:5408×2976)とし、画質が一番高くなる状態で、フレームレートを測定しました。

Asgard’s Wrathの高画質設定時にのみフレーム落ちが発生しています。Half Life:ALYXでも、テクスチャーが間に合わず、ノペッとした絵になることがあるので、お勧めは出来ません。

現実的には、ここまでレンダリング解像度を上げる必要はないでしょう。

まとめ

ASUS VivoBook S15+RTX 3060TiでOculus Questは使えるのか?

ASUS VivoBook S15+RTX 3060TiでOculus Questは十分使えます。

ただし、CPUがボトルネックとなることがあります。

Oculus Questはレンダリング解像度を上げても、元々の粒状感(スクリーンドア効果)が大きいため、改造感が上がりません。レンダリング解像度は不用意に上げる必要はありません。

ASUS VivoBook S15は第11世代のCPUを積んだモバイルノートです。モバイル用ノートとしては、CPU性能の性能が上がってきています。RTX 3060 Tiをつなげてグラフィック性能を改善すれば、ここまでVRが楽しめることが分かりました。

CPUに余裕はありませんので、重たいアプリを使用する場合は、他のアプリが動かないような対策さえしておけば、十分VRを楽しめます。

スポンサーリンク

<- 記事下 ->